주요 기사 바로가기

北朝鮮にも整形美人? アリラン公演の女性を見ると…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.05 17:18
0
1/2
北朝鮮の集団体操公演「アリラン」の練習映像が公開され、注目を集めている。
8月1日に開幕する北朝鮮の集団体操公演「アリラン」の練習映像が公開され、注目を集めている。 朝鮮中央通信(KCNA)が先月末、「アリラン」公演練習の映像を公開した。 北朝鮮の当局者がユーチューブに載せたと推定される。

アリラン公演は、金日成(キム・イルソン)主席誕生日90周年を迎えた02年、体制の結束・宣伝のために企画された総合芸術公演だ。 ほぼ毎年10万人の平壌(ピョンヤン)市の青少年・大学生・芸術団員・労働者らが動員され、カードセクション・テコンドー・舞踊・マスゲームなどを行う。

2分50秒のこの映像は平壌綾羅島(ルンラド)5・1競技場(座席数15万席)で撮影されたものだ。 総監督と部門別団長の号令で若い女性が全く同じように動いている。 タイトな黒のトレーニングウェアを着た女性が音楽に合わせて模型の剣を力強く振り回す。

そばでは小さな太鼓を腰につけた女性が鉢を持って前進している。 普段、若い女性のスカートの長さはひざの下までくるが、公演参加女性は全員がミニスカートをはいている。 舞台の所々にいる監督らが鋭い目つきで女性を見ている。 「少しも乱れてはいけない」という無言の監視だった。

公演に参加した万寿台(マンスデ)芸術団所属のキム・オクリムさん(25)は「アリラン公演に参加できることをうれしく思う。知恵と熱情をすべて捧げて、アリランを21世紀の記念碑的な名作にするのに役立ちたい」と話した。 また平壌生活必需品工場の労働者ファン・ウンギョンさん(20)は「初めてアリラン公演に参加するが、本当に自分がうまく演じられるだろうかという思いもある。しかし振付師、同志と一緒にするので力が出てくる」と語った。

公演に参加するほとんどの女性は‘容貌端正’だ。 特にインタビューに応じたキムさんは一際目立つ。 一部、整形手術(二重まぶた手術)をしているが、全体的な輪郭は自然だった。

対北朝鮮メディアによると、00年代から平壌の女性は少なからず目・鼻・唇などの整形手術をしている。 国家的に対外宣伝に活用される女性は、当局が整形手術費を一部補助するという。 一定期間をおいて団体で整形手術をすると伝えられている。

しかし公演出演料は出身によって違う。 市所属芸術団と幹部の子どもにはテレビ・ミシン・毛布などが、一般住民にはコメ・飴・豚肉などが与えられる。

北朝鮮は「アリラン」公演を観光客誘致による外貨稼ぎ手段として活用している。 昨年、中国の高麗旅行会社は4泊5日の日程で往復航空料・ホテル宿泊費・公演観覧料込みで1500-1800ユーロ(17万-20万円)の商品を出した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP