주요 기사 바로가기

「学費稼ぐ」苦学生がアルバイト中に悲劇の事故死

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.04 08:51
0
「2学期の授業料は自分の力で用意すると、月給がいちばん多い冷凍機点検の仕事をしていたが…」

3日に一山(イルサン)東国(トングク)大学病院の葬儀場で会ったキムさん(52)はショックで話を続けることができなかった。2日明け方に京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)のイーマート炭ヒョン店地下1階の機械室で、ターボ冷凍機の点検作業をしていた作業員4人が事故で死亡した。死亡者名簿の中にキムさんの長男のファン・スンウォンさん(22)の名前が含まれていた。最も若い歳だった。

キムさんは、「優しいだけの息子で、心配させたことのない息子でした」と話した。2004年に夫が事業で不渡りを出し一家はバラバラにまった。あちこちさまよいファンさんは学校をまともに終えることができなかった。塾にも一度も通わなかったが、独学で勉強し高入・大入検定考試に合格した。2009年にソウル市立大学経済学部に入学した。1学年1学期を終え機動警察に入隊したファンさんが除隊したのは5月だった。そして2日後にアルバイトを始めた。月給150万ウォンをもらえる冷凍機のメンテナンスだった。事業失敗による借金問題を解決できない父親は家族と遠く離れて暮らさなければならなかった。母親のキムさんが工場や食堂などで働いて稼ぐ100万ウォンが家庭の唯一の収入だった。こうした母親の負担を減らすためにファンさんが「授業料は自分が稼ぐ」としたことだった。

「あまりに大変だという話を聞いて別の仕事を探すよう言いました。だけど大変ではないし、給料もたくさんくれるから大丈夫だと…」。ファンさんは、「5年以内にお母さんを楽にさせてあげる」という話を口癖のようにしたという。

「朝と夜に見るスンウォンの肩がとても重く見えました。それで神様が連れていったようです」。

携帯電話に保存された息子の写真を触るキムさんの手の上に涙が落ちた。ファンさんの妹(16)も茫然自失とした表情だった。妹も兄のように高校検定試験を準備している。兄妹は仲が良かった。一緒に横になって鼻パックもして、楽しい表情で写真もたびたび撮った。

「兄さんがキスすると気持ち悪いと嫌がったがとても後悔しています。お父さんのように落ち着いていて、仲の良い兄でした」。事故が発生して1日過ぎたこの日まで葬儀室を準備することができず、家族は病院ロビーで胸を痛めていた。遺族らは正確な事故原因糾明と合同焼香所設置を会社側に要求している。

◆「冷媒ガスによる窒息死推定」=事故現場でターボ冷凍機の点検作業を始めたファンさんと3人の作業員が倒れているのが発見されたのは2日午前4時25分ごろだった。最初に発見したイーマート技術管理チームの社員は警察の調査に、「作業進展状況を確認しに機械室に行ったところ作業員が倒れていた。現場ではガスの臭いがたくさんした」と話した。

ターボ冷凍機は家庭用冷蔵庫の10倍の大きさで店の冷房に使われる。警察と消防当局は作業員らが漏れた冷媒ガスで窒息して脂肪したとみて正確な死亡原因を調査中だ。イーマートの別の技術管理チーム社員は、「ファンさんらが冷媒ガスを抜いて部品の異物清掃をする作業をしたが、この過程で事故に遭ったと推定される」と話した。一山消防署関係者は、「ファンさんらが作業をしていた空間が地下なので冷媒ガスがそのまま残っていた可能性がある」と話した。国立科学捜査研究院は警察の依頼により4日に遺体を解剖検査する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「学費稼ぐ」苦学生がアルバイト中に悲劇の事故死

    2011.07.04 08:51
    뉴스 메뉴 보기
    ショッピングセンターのターボ冷凍機の点検作業をしていた途中に事故で死亡したファン・スンウォンさん(22)。
    TOP