주요 기사 바로가기

プロサッカー八百長なら球団追放、Kリーグ中断も検討

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.07.01 15:57
0
パク・ソンギュ文化体育観光部次官は30日、ソウル韓国プレスセンターで金正男(キム・ジョンナム)プロサッカー連盟副総裁とアン・ギホン事務総長、16球団の代表・団長らと非公開懇談会を開いた後、「今年7月以降、また勝負操作が表れ、選手が悪意的・組織的関与した事実が明らかになった場合、該当球団をKリーグから追放し、最悪の場合はKリーグの中断も検討する」と述べた。

一方、プロサッカー連盟は6月末までとしていた選手の八百長自主申告期限を検察の捜査結果発表が予定された7月7日まで1週間延期すると発表した。 崔成国(チェ・ソングク、水原)をはじめ、これまで大邱(テグ)・釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)から約10人の選手が自主申告をしたという。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP