주요 기사 바로가기

年間1500億ウォン輸出の「オンライン韓商」…秘訣は韓流(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.28 17:43
0
電子商取引サイト「イーベイ」でテコンドー・剣道・空手のような各種武術道服と用品を販売し、年間15万ドル(約1億6000万ウォン)を売り上げているゼネラルコリアのチョ・ソンファン社長(35)。 チョさんは保有武術段数を合わせると計15段の武術家だ。 本業は極真空手道場の運営。

道場に来る弟子をために道服を自分でデザインしていたチョさんは07年、道場に入門した弟子を通してイーベイを知った。 世界各国の消費者に自分で物を販売できるという話に関心が引かれた。 チョ社長は「ちょうどアジア武術に対する関心が西欧でも高まっていたので可能性があると思った」という。 大会出場のために日本へ行き、準備していた道服30着が外国人選手に半日で売れた経験も、海外販売を考えるようになったきっかけだった。

国内生産製品を主に販売し、これまで40カ国以上に売っている。 テコンドー服はヨーロッパ地域で人気が高く、最近はロシアからの注文が増えている。 「Kamsahamnida(有難うございます)」とメールであいさつする顧客はもちろん、韓国を訪問することになったと伝えながら道場を訪れる顧客もいる。 最近ではトルコの有名なイラストレーター作家が京畿道富川(キョンギド・プチョン)国際漫画フェスティバルに招待され、イーベイで注文した剣道の防具を取りに来たこともあった。

チョ社長は最近、イーベイ販売ノウハウを他の一人SOHOに教える講師としても活動している。 イーベイを通して海外市場を攻略しようという東大門(トンデムン)市場女性衣類業者に3カ月間のコンサルティングも提供し、京畿道が開いた中小企業のためのオンライン貿易商談会でも講師を務めた。

チョ社長は「08年まで少なかった韓国人販売者が増え、最近は韓国セラーの間で競争も生じている」とし「成功するには一度配送した製品は配送に問題があったとしても最後まで責任を持つなど信頼度の管理を徹底的にしなければならない」と述べた。 今後は個人消費者だけでなく大量注文を出す海外バイヤーを開拓し、輸出量をさらに増やすのが目標という。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    年間1500億ウォン輸出の「オンライン韓商」…秘訣は韓流(2)

    2011.06.28 17:43
    뉴스 메뉴 보기
    ゼネラルコリアのチョ・ソンファン社長。
    TOP