주요 기사 바로가기

年間1500億ウォン輸出の「オンライン韓商」…秘訣は韓流(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.27 14:11
0
1秒に2000ドルが取引され、1秒に9200万人が利用する。1分ごとに自動車が1台、3秒ごとに履き物が一足ずつ売れる。世界最大の電子商取引サイト「イーベイ」だ。

競争が激しい韓国市場を抜け出してイーベイで世界各国の消費者に商品を売る‘オンライン韓商’が増えている。2008年に170億ウォンだったイーベイを通した海外輸出規模は09年に400億ウォン、昨年は1000億ウォンに増えた。今年は1500億ウォンまで増えると予想されている。

職員を海外に送ったり海外の博覧会を回る必要もなく、また外国に倉庫を確保する必要もなく、少ないコストと人材でイーベイで成功した1人企業・中小企業を取材した。

慶煕(キョンヒ)大ホテル経営学科2年のイ・ミンゴルさん(25)は趣味が自然に金儲けにつながったケースだ。噂になるほどの野球マニアだったイさんは国内の野球はもちろん、メジャーリーグの裏話まで詳しく、学校でも野球サークルの監督を務めている。

イさんは8年前、国内で手に入れるのが難しいメジャーリーグ野球カード所蔵品を買おうとイーベイを初めて訪れた。「最初はどうすればよいのか分からず、先輩にアイテム購買をお願いしていた」というイさんは、毎回お願いするのを申し訳なくなり、一人でイーベイについて勉強し始めた。

こうして始めたイーベイのノウハウを金儲けにも生かそうと決心し、4カ月前に販売に飛び込んだ。アイテムは、韓流ブームが広がる中、海外の消費者が欲しがっている韓流スター所蔵品に決めた。

イさんは「メジャーリーグカードを集めてみると、コレクションアイテムは必ず買いたがる消費者がいて、損失はないと判断した」と話した。イさんの考えは的中し、韓流スターカードは飛ぶように売れた。5カ月間で600件、約1万2000ドル(約1300万ウォン)分が売れた。

イさんならではの販売ノウハウもある。イさんは「新しく商品を載せる時は欧米の消費者がみんな起きている時間帯を選んだ」と話した。米国太平洋時間基準で午後7時が適当だ。

また関連商品をすべて購入することを願うコレクターを狙って、関連商品を検索しやすく商品を登録した。他の人たちが購入しにくいコレクター用アイテムであるだけに、決めた価格ではなく競売で商品を売る。自分が商品を購入する際によく利用したサイトであるため、長短所もよく理解している。

イさんは「とてもよく売れるので商品を手に入れるのが容易でない」と話した。少女時代のカードやブロマイド、カレンダーなど韓流スターコレクションは大量に購入できる商品ではない。特定会社が販促用に出すものを探して入手しなければならない。知っている友人にお願いしたり、会社が先着順で配るものを列に並んで手に入れたりもする。

イーベイの可能性を確認したイさんはこの夏休みから、オフライン貿易をする父を支援しながら働くという。イさんは「韓流スターコレクション販売を続けながら、父が海外バイヤーを通して輸出しているベアリングやシャフトなど工具1000余件も登録し、オンライン輸出を試みる計画」と語った。

(2)はあす掲載します。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    年間1500億ウォン輸出の「オンライン韓商」…秘訣は韓流(1)

    2011.06.27 14:11
    뉴스 메뉴 보기
    慶煕大ホテル経営学科2年のイ・ミンゴルさん(25)。
    TOP