주요 기사 바로가기

【西小門フォーラム】韓米同盟は赤字同盟?(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.24 18:20
0
ゲーツ演説の狙ったのは欧州の安保無賃乗車だ。財政赤字(14兆3000億ドル)に苦しむ米国が納税者の金で、欧州の‘ゆりかごから墓まで’福祉政策をこれ以上支えることはできない、という警告だ。演説は世界金融危機以降の財政赤字時代の同盟構造再編を予告する。同盟の経済化だ。‘同盟株式会社’では防衛分担が結束力の核心要素となる。共通の敵を失ったNATOは、米国の有志連合(coalition of willing)のための枠組みに転落するかもしれない。

米国の双務的同盟に対する要求は加速化しそうだ。米国は今後12年間で国防費を4000億ドルも減らす計画だ。財政赤字の縮小と雇用創出は来年の大統領選挙の最大の争点となる。下院多数党の共和党には財政根本主義者一色だ。オバマ大統領が軍指揮部の反対を押し切ってアフガンから来年までに3万3000人の兵力を撤退させ、沖縄駐留米海兵隊のグアム移転と普天間空軍基地移転時期を遅らせたのはこうした背景のためではないだろうか。新孤立主義を予想する話も出ている。

韓国も例外ではない。米上院軍事委員会は先週、「在韓米軍の家族同伴3年勤務」を保留する勧告案を通過させた。陸軍長官が費用を含むマスタープランを出すまで資金投入を禁止する内容だ。この勤務計画は漢江(ハンガン)北側にある在韓米地上軍の平沢(ピョンテク)移転と関係している。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時に始まった同盟再調整の一環だ。在韓米軍の平沢移転は迅速機動軍戦略のためだった。そこには港がある。烏山(オサン)飛行場がすぐ隣だ。中国が目の前だ。

在韓米軍の新しい戦略と関係する計画が予算問題で凍結したのはただ事ではない。米陸軍長官はその費用をどこで確保するだろうか。また韓米同盟再調整と管理問題が提起される時期だ。「韓米同盟がこれほど良い時はなかった」という言葉に酔っている場合ではない。

オ・ヨンファン外交安保デスク
【西小門フォーラム】韓米同盟は赤字同盟?(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP