주요 기사 바로가기

中国 「追加挑発時には北朝鮮側の味方はしない」

ⓒ 中央日報日本語版2011.06.24 16:43
0
李明博(イ・ミョンバク)大統領が、北朝鮮の追加挑発時には報復打撃を与えるという趣旨を中国側に伝えたと24日、複数の国防委員らが明かした。

匿名を希望したある国防委員は「李大統領が国会の国防委員らと持った前日の青瓦台(チョンワデ、大統領府)晩さんの席で、北朝鮮が追加挑発する場合には韓国は黙ってはいないとする意思を中国側に伝えた」と話した。

韓国政府の断固たる立場に接した中国は「北朝鮮が追加挑発する場合、北側には味方しない」という意思を韓国政府に伝えたという。哨戒艦事件や延坪島(ヨンピョンド)挑発などに対して北朝鮮を擁護する立場を見せていた中国も、追加挑発には反対の立場を明らかにしたのだ。

しかし中国が立場を伝えた具体的な時期には言及されていない。別の国防委員は「内政干渉であると同時に、外交問題に発展するような言葉使いを中国がしたという話はなかった」として、関連発言を否認しているという。

国防委員らは「李大統領は延坪島挑発に対してまだ怒りを収められていないようだ」とし「北朝鮮に対して苦々しく思う気持ちを抑えることができないと話していた」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP