주요 기사 바로가기

平壌ゴルフ場のキャディーは“北朝鮮版イ・ヨンエ”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.24 16:21
0
今年4月29日、北朝鮮の平壌(ピョンヤン)ゴルフ場で「ノースコリアン・アマチュア・オープン」が開催された。英国・フランス・ドイツ・オーストラリア・フィンランド・ルクセンブルグ・南アフリカ・北朝鮮など8カ国から17人の選手が出場した。「選手」とはいえ、出場者はゴルフクラブ貸与料、ホテル宿泊(4日)費、食事代など1人当たり999ユーロ(約12万円)を支払った。事実上、北朝鮮を観光しようという青年を集めて、大会という名前でゴルフをしたのだ。この大会の優勝者のスコアは84だった。

大会に参加した青年たちにはキャディーが1人ずつ付いた。すべて女性だ。平壌ゴルフ場で働くキャディーはほとんどが金日成(キム・イルソン)総合大学に通う女子学生だった。彼女たちはゴルフ規則と用語はもちろん、ゴルフの実力も相当だと、平壌ゴルフ場に行ってきた人たちは話す。

平壌ゴルフ場で働くキャディーの1人の写真が最近、中国サイトで公開された。イ・ヨンエに似ているとして「酸素のような女性」という愛称が付けられている。さわやかな美貌ととともに笑顔が緑のゴルフ場の芝とよく似合うという反応もある。

平壌ゴルフ場は北朝鮮の唯一の国際規格ゴルフ場だ。平安南道南浦市(ピョンアンナムド)江西区域台城里(カンソクヨク・テソンリ)にあり、1987年に金日成主席の75歳の誕生日を記念して、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が基金を設立して建設した。北朝鮮当局によると、金正日(キム・ジョンイル)国防委員長はこのゴルフ場で生涯初めてゴルフをし、世界のベストスコアを出した。94年の最初のホールでイーグルを奪い、その後11回のホールインワンで34アンダー(一部では38アンダー)をマークしたということだ。

08年4月4日のニューヨークタイムズ(NYT)はこれを辛らつに風刺する記事を掲載していた。週末版「アイデアとトレンド」面の「親愛なるほら吹きとティーオフ」と題した記事だ。同紙は、北朝鮮メディアが明らかにした金委員長の‘驚異的’なゴルフの実力を紹介し、「パク・セリ、パク・ジヨン、ソン・アリなどLPGAの優秀選手を輩出しながらゴルフ強国に浮上した韓国とは違い、北朝鮮はゴルフの伝統についてはそれほどアピールするものはないが、おそらく世界で最も卓越したゴルファーを保有しているのを自慢している」と皮肉った。

また「金委員長ほどの実力なら北朝鮮の財政問題にも驚くべき変化をもたらせる」と書いた。金委員長のゴルフの実力が報道通りなら、PGA大会に出場するだけで数百万ドルを稼げるからだ。同紙は「金委員長がPGA大会に参加するためには長期間にわたり海外に滞在しなければならないが、北朝鮮の住民が彼なしには生きていけないだろう」と風刺した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    平壌ゴルフ場のキャディーは“北朝鮮版イ・ヨンエ”

    2011.06.24 16:21
    뉴스 메뉴 보기
    平壌ゴルフ場で働くキャディー。
    TOP