주요 기사 바로가기

また大震災の兆し…「6月末巨大余震説」に震える日本

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.24 14:45
0
日本国民が「6月末の巨大余震説」に震え上がっている。日本各地に東日本大震災の時と類似の地震前兆現象が起きているからだ。メディアの多くがこの現像を大々的に取り上げ、巨大余震説は徐々に既成事実化している。

大地震の前兆のほとんどは、動植物の異常現像として現れている。東日本大震災が発生する1週間前の3月4日、茨城県鹿島海岸にカズハゴンドウ(イルカの一種)52頭が打ち上げられていた。また今年2月に大震災があったニュージーランド南部のクライストチャーチでは、地震発生20日前に、ニュージーランド南部のスチュワート島の海岸でクジラ107頭が座礁しているところが発見された。

最近、日本でこれらに似た現像が再び起こっている。15日、石川県金沢市の浅野川から大量のアユが特別な理由もなく死んだ状態で打ち上げられていた。鳥取県では時ならぬマイワシが豊年だ。5月まで1万6771トンが水揚げされたが、これは昨年1年間の漁獲量よりも多い。鳥取県の漁師らは「このような漁獲量は阪神大震災が起きた1995年以来初めて」と話した。

イカも同様で、1日400~500キログラムが水揚げされている。なかでもシリヤケイカだけが捕れるという。例年は1日100キログラムほどだが、これ以上の豊年はないとのことだ。このため漁師の間では「大震災が近づいているといううわさが住民の間に広まっている」と伝えている。逆にタケノコは凶作だ。日本全域での収穫量は昨年比20%に過ぎない。

このような状況の中、今月13日にはニュージーランドのクライストチャーチで大きな余震(マグニチュード6.0)が発生した。大震災が発生してから4カ月ぶりだ。

ニュージーランドは地質学的な面で日本と多くの共通点がある。両国は海洋プレートと大陸プレートがぶつかり、応力が蓄積される“地震多発地域”に位置している。日本で地震の恐怖が高まっている理由はここにある。

発生時期を“6月末”と見ている理由は、ブラジルのある予言者が「2011年6月25日午後8時53分、東京から8キロほど離れたところでマグニチュード6.1の地震が起きる」と言ったためだ。これが日本のネットユーザーの間に急速に広がった。そのうえ多くの地震学者らが近いうちに大きい余震が発生する可能性が高いと指摘している。日本の地震専門家は「明日にでも巨大地震が発生しても全然おかしくない」と口をそろえる。

大阪大学の住田健二教授は「余震で福島原発が再び打撃を受ければ、日本のみならず海外にまで放射能が広がる恐れがある」とし「これまでとはまったく次元が異なる莫大な被害を受けるだろう」と警告している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP