주요 기사 바로가기

韓国のSNS普及率、世界最高=マッキンゼー調査結果(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.22 09:41
0
「スマートフォン利用率35%、6カ月以内に67%まで拡大可能、タブレットPC購買意欲世界トップ、SNS・ゲーム・ショッピング文化大激変に突入」。

グローバル戦略経営コンサルティング会社マッキンゼーは最近、韓国インターネット利用者に関する調査を終え、「始まりは遅かったが変化の速度は世界最高」という結論を出した。スマートフォンの導入は他国に比べて2年近く遅れたが、拡散速度は最も速いということだ。これによるデジタル環境変化も速いペースで進んでいる。

マッキンゼーは21日、韓国インターネット利用者(i-Consumer)調査の報告書を出した。15-64歳の活動的なインターネット利用者6000人を年齢別・性別・所得水準別に標本抽出した。オンライン調査時点は今年2-4月。マッキンゼーが韓国を対象に「i-Consumerリポート」を出したのは今回が初めて。

マッキンゼーは毎年、世界主要国を対象にこのリポートを出してきた。デジタル経験全般に関する消費者行動の変化を把握し、企業の対応策を模索しようという試みだ。今年の調査対象国は米国・中国・日本・インドと欧州連合(EU)10カ国の計14カ国。

◇世界最高のSNS普及率=出版社の編集・企画者として働いているチョン・ウジンさん(40)は昨年、ツイッターとフェイスブックを開設した。数年前にサイワールドを作って活動したことはあったが、この数年間は手を付けていなかった。昨年末スマートフォンを購入し、SNSをまた始めた。ツイッターとフェイスブックを連動させ、細かな日常を書いて載せる。

チョンさんは「フェイスブックを通して大学時代のサークルの友達とまた連絡を取り合っている」とし「ツイッターの場合、関心がある分野の専門家の声をそのまま聞けるのでいい」と話した。

マッキンゼーはこの1年間のSNS加入者のうち30-40代の男性の比率が高いと明らかにした。サイワールドの人気が高まった04年以降、SNSがこれほど急激に拡大したのは初めてだ。回答者6000人のうちSNS加入者の比率は70%で、調査対象14カ国のうち最も高かった。スマートフォンでSNSをするという回答者の比重も67%で最も高かった。2位の米国より11ポイント高い。

イ・ヨンジン・マッキンゼーパートナーは「韓国人は新しいものに対する好奇心が強く、トレンドをリードする階層を真似たがる人が多い。またSNSは社会生活で人脈を重視する韓国社会の特性を表している」と分析した。

ゲーム産業変化も感知されている。特にSNSを活用するソーシャルゲームが成長している。任天堂やプレイステーション(PSP)のようなコンソールゲームを使用していた人のうち半分以上(52%)が、ソーシャルゲームとモバイルゲームのためにコンソールゲームをあまりしないと答えた。


韓国のSNS普及率、世界最高=マッキンゼー調査結果(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP