주요 기사 바로가기

銃弾99発の公開処刑…北朝鮮幹部に粛清の恐怖

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.20 14:57
0
1/2
04年4月に発生した竜川駅爆発事故に関与した責任が問われて処刑されたと伝えられた金容三(キム・ヨンサム)元内閣鉄道相。
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の最側近であるリュ・ギョン国家安全保衛部副部長が最近、幹部らが参観した中、99発の銃弾を受けて半公開形式で処刑されたと伝えられた。金正恩(キム・ジョンウン)につながる3代世襲を固める過程での粛清という分析だ。

北朝鮮ではこうした権力の暗闘のため、旺盛な活動をしてきた人物も容赦なく処刑され、解任されてきた。権力を委譲する過程で恐怖心を与えて内部の結束を強めるのは、その間、金氏一家が北朝鮮を治めてきた方式だった。

昨年は金容三(キム・ヨンサム)元内閣鉄道相が04年4月に発生した竜川(リョンチョン)駅爆発事故に関与したという責任を問われて処刑されたと伝えられている。金正日委員長の列車通過時刻を流出させた疑いだ。文一峰(ムン・イルボン)元財政相も貨幣改革失敗の責任を問われ、ほぼ同じ時期に処刑された。朴南基(パク・ナムギ)労働党計画財政部長は昨年3月に公開銃殺されるなど、過去1年間に元閣僚級3人が処刑された。権力の中心で活動した人物が一瞬にして消えるという空しい没落だった。

「業務成果」を理由に容赦なく更迭されるケースも少なくない。先月、中国・北京で南北秘密接触を主導した北朝鮮国防委員会の人たちが粛清された。北朝鮮に帰った後、交渉の成果などに対する責任を問われ、解任など粛清されたのだ。

韓国製品を使用すれば退任の覚悟をしなければならない。最近、北朝鮮国家安全保衛部所属の幹部は韓国製品を使用して発覚し、粛清されたという。スパイを捜し出さす反探処の幹部も含まれていた。粛清された人の家からは8万ドルと三星(サムスン)電子のノートブック、韓国ドラマが入ったUSBメモリーなどが見つかった。国境を行き来する中国の商人などからわいろを受けたものだった。

粛清の恐怖は最近になってさらに激しくなっている。平壌(ピョンヤン)ではリュ・ギョン副部長の粛清後、幹部の恐怖心が強まっている。‘殺生簿’があるという噂が広まっているほどだ。今回の大粛清は金正恩が指揮し、粛清の目的は全国に後継者唯一指揮体系を築くという名目のもと上から紀綱を強化することにある。

最近、脱北者団体のNK知識人連帯によると、金正恩ら若くて新しい勢力が中央党と体制守護機関の高位職に配置されるのを歓迎せず、金正日に対する忠誠だけを強調する‘古くさい忠誠分子’が粛清対象1号になっている。昨年3月には党中央委員会第1副部長のリ・ヨンチョルと労働党組織指導部第1副部長のリ・チェガンが相次いで心臓まひと交通事故で死亡したが、一部では金正恩に粛清されたという陰謀説が提起されている。NK知識人連帯によると、3代権力世襲の前後およそ2年間で金正日の側近10人余りが処刑され、100余人以上が高位職から追放されたという。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP