주요 기사 바로가기

菅首相不信任案騒動で求心力さがる小沢・鳩山グループ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.16 08:50
0
日本民主党の影の実力者小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相が党内で深刻な求心力低下を迎えていると毎日新聞が15日に報道した。今月初めの菅直人首相に対する不信任決議案をめぐる足並みの乱れから2人がそれぞれ率いる派閥から離脱者が続出しているのだ。

公開的に菅首相の辞任を要求した小沢は菅首相が採決直前に近く辞任すると明らかにするとグループ所属議員らに自律投票を指示し本人は採決に出席しなかった。

鳩山は菅首相と談判し菅の辞任時期を明確にしないまま不信任案通過を否決させた。2人とも政局判断力と談判能力に問題があることを示したため派閥内でリーダーシップが急速に弱まっている。

これに伴い、鳩山グループでは牧野聖修前国会対策委員長代理が先月25日、五十嵐文彦財務次官が7日それぞれ離脱した。2人とも旧民主党時代から鳩山と行動をともにしてきた創党メンバーだ。彼らは側近に「鳩山の最近の言動にはついていけない」と話したという。鳩山のリーダーシップに疑問を提起したのだ。昨年の民主党代表選で鳩山が突然小沢支持を宣言したことで生じた派閥内の不満が今回の内閣不信任決議案をめぐる騒動で表面化したわけだ。50人余りが参加したグループ会合の常連メンバーも約30人に減った。

小沢元代表を支持する「一新会」の13日の会合で松木謙公前農林水産政務官が、「グループ所属議員2人が内閣不信任案騒動直後に派閥退会届を提出したが説得して受理することはなかった」とグループ離脱の雰囲気を伝えた。

最近では一新会の主要メンバーの島津恭一国会対策副委員長など一部議員が独自のグループを作るための議員研究会を発足することもした。離脱の動きが可視化すると小沢は13日から4日間にわたりグループ会合を開いている。14日には東京の自宅に新人議員20人余りを呼び引き締めを進めている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    菅首相不信任案騒動で求心力さがる小沢・鳩山グループ

    2011.06.16 08:50
    뉴스 메뉴 보기
    日本民主党の小沢一郎元代表と鳩山由紀夫前首相。
    TOP