주요 기사 바로가기

国防部「北、核実験・ミサイル発射可能状態を維持」

ⓒ 中央日報日本語版2011.06.13 17:52
0
「北朝鮮は核実験とミサイル発射可能状態を維持するための(核)活動を続けている」。金寛鎮(キム・グァンジン)国防部長官が13日、国会国防委員会全体会議の国防部懸案報告でこのように明らかにした。

報告で国防部は「北朝鮮が修辞的脅威を通してわれわれに圧力を加えながら、さまざまな手段と方法で奇襲挑発する可能性が漸増している」と強調した。また「北朝鮮は東海(トンヘ、日本名・日本海)・西海(ソヘ、黄海)侵入勢力の海上侵入訓練を繰り返している。西海の接敵海域でカニ漁の季節を迎え、北朝鮮警備艇の活動が活発になっている」と述べた。

これに対する軍の対応態勢に関し、国防部は「弾道弾警報電波体系と韓米連合対応態勢を維持している」とし「原発施設など国家重要施設テロに対応し、地上・海上警戒および遮断活動をしている」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP