주요 기사 바로가기

「私たちも特許侵害された」 三星LEDがオスラムを提訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.13 10:09
0
三星(サムスン)LEDは10日、ソウル中央地裁にオスラムコリアなどを相手取り特許侵害禁止、損害賠償請求訴訟を起こしたと12日、明らかにした。

ドイツ最大の電気・電子機器製造企業でオスラムの特許を保有するシーメンスが6日、ドイツと米国で三星・LG法人がLED(発光ダイオード)照明に関する特許を侵害したとして訴訟を起こしたが、これに対抗したのだ。

三星LEDが侵害されたと主張する特許はLED照明用レンズ、高出力チップ構造をはじめとするLED照明など計8件。提訴対象はオスラムコリアとオスラム製品を販売するバルーン(Barun)電子と多宝(ダボ)産電。また三星LEDは米国など海外でも追加で訴訟を起こす予定という。

同社は米国に700余件、韓国に2000余件のLED関連核心特許を保有、これを通して独自の技術を使用した製品を生産中だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP