주요 기사 바로가기

中国艦隊11隻が西太平洋に…歴代最大“武力示威”

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.11 12:39
0
中国人民解放軍が西太平洋海域で歴代最大規模の艦隊訓練を繰り広げた。

香港日刊紙明報は10日、「8-9日に人民解放軍海軍の艦隊11隻が大規模な海上展開訓練を実施した」とし「動員された艦艇はミサイル駆逐艦3隻を含め、護衛艦・偵察艦・潜水艦支援艦など攻撃型艦隊で構成された」と報道した。日本の共同通信は「沖縄海域を通過した歴代最大規模の海上訓練」と指摘した。

明報によると、8日0時に3隻の艦艇が浙江省舟山海軍基地を出発し、沖縄と宮古島の間の公海を通過して西太平洋に入った。その12時間後、5隻の艦隊が同じ経路で西太平洋に出た。9日午前にも人民解放軍海軍の艦艇3隻が同じ経路で移動した。

11隻の艦隊は02年にロシアから導入したソブレメンヌイ級駆逐艦2隻(杭州・福州級)と中国最新式ミサイル駆逐艦の泰州級駆逐艦が含まれた。また淮北・益陽級護衛艦2隻と補給艦・偵察艦も後に続いた。

今回の海上展開訓練で目を引くのは潜水艦支援艦が含まれている点だ。水底では潜水艦艦隊が動いていることを示唆している。11隻艦隊のほか、3-4隻の潜水艦まで含まれた大規模な海上展開訓練だ。

中国国防省は9日、「今月中下旬に西太平洋公海上で訓練する計画がある。今回の訓練は年間計画に含まれている定例訓練であり、関連国際法に基づいたもので、特定の国または目標を狙ったのではない」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP