주요 기사 바로가기

「北朝鮮、核保有立証のため3度目の核実験も」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.09 18:11
0
北朝鮮が核兵器を実際に使用できることを国際社会に知らせるため3度目の核実験を行う可能性がある、という主張が出てきた。

米国の自由アジア放送(RFA)によると、スウェーデンの「ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)」が7日に出した年次報告書の内容を引用し、「北朝鮮が少数の核弾頭を作れるプルトニウムを生産したとみられる。 しかし現在使用できる核兵器を保有しているという情報は公開されていない」と明らかにした。

報告書作成に参加したSIPRIのシェナン・カイル博士は「北朝鮮は西側専門家の疑問を払拭するために3度目の核実験に行う可能性がある」とし「最近は南北関係が悪化し、北朝鮮が核実験や長距離ミサイル試験発射など追加挑発を行う可能性がある」と伝えた。

また「北朝鮮が実際に3度目の核実験を行う場合、その背景は挑発というよりも、核兵器設計を検証しながら核弾頭の小型化を図るなど、関連技術を向上させるのが主な目的であるはず」と説明した。 報告書では北朝鮮のウラン濃縮に対する懸念も指摘された。 北朝鮮が高濃縮ウラン(HEU)を利用した核兵器実験を行う可能性もあるということだ。

これに先立ち、米ブルッキングス研究所のジョナサン・ポラック博士は5日、シンガポールで開かれたアジア安保会議で「現実的に北朝鮮は核を放棄する意図が全くない」と分析しながらHEU核実験を予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「北朝鮮、核保有立証のため3度目の核実験も」

    2011.06.09 18:11
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮が3度目の核実験を行う可能性がある、という主張が出てきた。
    TOP