주요 기사 바로가기

グッチが新羅免税店から撤退、ロッテ免税店に出店へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.09 10:38
0
グッチが仁川(インチョン)空港の新羅(シンラ)免税店から撤退する。2008年5月仁川空港の新羅免税店に入店し事業を始めてから3年での撤退だ。グッチは現在、仁川空港の新羅免税店に2つの売り場を運営中だ。新羅免税店から撤退する代わりに、8月に仁川空港、11月に金浦(キンポ)空港のロッテ免税店に入店することでロッテ免税店と合意した。

グッチの撤退は、昨年11月にルイヴィトンが空港免税店としては世界で初めて仁川空港の新羅ホテル免税店に入店することになったことの影響とみられる。新羅ホテルはルイヴィトンに一等地の27番・28番ゲートの間の空間を提供し、売り場面積も他のブランドより4~5倍大きい500平方メートルを割り当てた。新羅ホテルはルイヴィトンに対し手数料も売り値の10~20%とする破格の待遇をしたことがわかった。

これに対しグッチは売り値の30%を手数料で納めていたとされる。業界ではグッチが新羅ホテルに対しライバルのルイヴィトン水準の待遇を要求し拒絶されたことから撤退することにしたとみている。 

グッチの撤退により、ルイヴィトンを誘致してブランド事業強化を進めていた新羅免税店の動きにブレーキがかかったのではないかという見方もある。新羅免税店関係者はこれについて、「シャネルやエルメスなどビッグ4ブランドの平均売り上げ伸び率は2けたなのに対し、グッチだけがこれまでマイナス成長を記録してきた。大きな影響はないだろう」と強調した。同関係者は、「グッチが撤収した場所にはミュウミュウとジュエリーブランドのティファニーが入る予定だ。ミュウミュウが空港免税店に出店するのは世界初で、ティファニーも仁川空港免税店では初めての出店だ」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP