주요 기사 바로가기

KTXの安全性問題、今度は線路分岐器が議論の的に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.06.09 08:42
0
高速鉄道(KTX)2期区間東大邱(トンデグ)~釜山(プサン)間に設置した線路分岐器は時速300キロメートル以上では一度も使われたことがない製品だと明らかになった。これに伴い、韓国鉄道施設公団が安全性の検証がされていない核心安全装備を導入して使用を中断するという初めての事態を呼び起こしたという指摘が出ている。

鉄道施設公団関係者は8日、「今回問題になった線路分岐器は導入当時から安全性をめぐる議論があった。時速250キロメートル以下の一般鉄道に使われただけで、KTXのように時速300キロメートルを超える高速区間での運営実績がまったくなかったため」と話した。鉄道施設公団は線路と信号システムのような高速鉄道の施設を建設する役割を担当する。コレイル(韓国鉄道公社)は公団からこの施設を譲り受け列車を運営して維持・補修する業務を担当する。コレイル側も「KTX2期区間では開通直後から線路分岐器障害が1日に1.9件ずつ発生した。検証されていない製品を無理に持ってきた結果だ」と指摘した。

鉄道先進国の場合、商業運行実績がなく安全性が立証されていない製品は使わないことが原則だ。これについて鉄道施設公団チャン・ソックン信号制御処長は、「KTX2期区間の線路分岐器はドイツ連邦鉄道局(EBA)の安全性認証を経た製品。コンクリートで施工した2期区間の軌道に見合った製品を選定したもの」と話した。

KTX2期区間に設置された線路分岐器は46基で、施工費だけで115億ウォンに達した。すべてオーストリアのVAEEが製作した「ハイドロスター」という機種だ。三星(サムスン)SDSが輸入し納品した。KTX1基区間にはフランス製の「MJ81」を設置した。1基区間は軌道が砂利敷きなのでこれに適合したフランス製を使った。

ハイドロスターはKTX2期区間が開通した昨年11月から問題を起こし始めた。開通当時から障害が発生し始め今年3月までに111件の誤作動が起きた。鉄道施設公団は先月下旬から製作会社の技術者7人を呼び鉄道技術研究院などと合同点検を行った。しかし線路分岐器の障害原因は明らかにできず、先月末までに障害件数は406件に増えた。チャン処長は、「半月以上にわたり精密点検をしたが、製品の問題なのか施工上の問題なのか明らかにすることができなかった」と話した。

国土海洋部はKTX2期区間の線路分岐器を7月末までにすべて検査した後に部分的な補修をするか全面再施工するかを決めるという立場だ。だが、高速鉄道市民の会の代表を務める韓神大学のペ・ジュンホ教授は、「線路分岐器の誤作動は脱線など大型事故を招きかねない。お金がかかっても運行の安全確保のためには問題になった線路分岐器を交換するのが望ましい」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    KTXの安全性問題、今度は線路分岐器が議論の的に

    2011.06.09 08:42
    뉴스 메뉴 보기
    列車の軌道を変える線路分岐器が設置された様子。この設備が故障すると列車の脱線事故が起こりかねない。
    TOP