주요 기사 바로가기

起亜自動車のボックスカー「TAM」発売間近か

ⓒ 中央日報日本語版2011.06.01 11:12
0
1/2
起亜(キア)自動車が下半期の発売を目標に開発しているボックスカースタイルの軽型CUV「TAM」(プロジェクト名)のスパイショット(写真=オンライン自動車コミュニティー・ボベドリーム)。
起亜(キア)自動車が下半期の発売を目標に開発しているボックスカースタイルの軽型CUV「TAM」(プロジェクト名)のスパイショット露出が頻繁になっている。

30日にオンライン自動車コミュニティーのボベドリームには、起亜自が早ければ8月に発売する予定の「TAM」と推測される偽装幕写真が掲載された。

京畿道盆唐(キョンギド・プンダン)のアパート駐車場に駐車された車は、車の大きさとホイールのデザイン、全体的なラインから推察すると、起亜の軽型ボックスカーモデルであることがわかる。

起亜自「TAM」のスパイショットが撮影されたのは今回が初めてでない。最近になり頻度が上がっており、発売が迫っているのではないかとの推測を呼んでいる。

ボックスカーは文字通り「ボックス」デザインの車両で、小さく実用的なことから人気がある。代表的なモデルとしては日産の「キューブ」とダイハツの「タント」などがある。

起亜自「TAM」の場合は実用的なボックスカーデザインに1000ccエンジンが適用される予定で、軽自動車としての恩恵まで受けられると予想される。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP