주요 기사 바로가기

Kリーグ「八百長」波紋、また選手が自殺

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.30 17:28
0
プロサッカー全北現代(チョンブク・ヒョンデ)出身のチョン・ジョングァン選手(30)が30日午後1時30分ごろ、ソウル江南区狎鴎亭洞(カンナムグ・アプクジョンドン)のホテルで首をつって死亡しているのが見つかった。

事件を捜査中のソウル江南警察署の関係者は、「申し訳ございません。 勝負操作をした人間として恥ずかしく思います」と書かれた遺書が発見された、と伝えた。

チョン・ジョングァンは04年に崇実(スンシル)大を卒業して全北現代に入団、五輪代表候補になるなど実力のある選手だった。 07年まで79試合に出場し、期待されていたが、08年、兵役不正のため全北を離れた。 今年はプロサッカー下部リーグ、チャレンジャーズリーグ(K3)のソウルユナイテッドでプレーしていた。

昌原地検は「チョン・ジョングァンは昌原地検のプロサッカー八百長捜査対象の一人だった」と明らかにした。

今月6日には仁川ユナイテッドのユン・ギウォン選手(24)がソウル瑞草区(ソチョグ)京釜(キョンブ)高速道路下り線休憩所の駐車場で、自分の車の中で死亡したまま発見された。 検察はユン・ギウォンの自殺が今回の八百長・賭博疑惑と関係があるかどうか調査していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    Kリーグ「八百長」波紋、また選手が自殺

    2011.05.30 17:28
    뉴스 메뉴 보기
    鄭夢奎(チョン・モンギュ)韓国プロサッカー連盟総裁が30日午後、ソウルのサッカー会館大会議室で、Kリーグ八百長波紋と関連して記者会見を開き、頭を下げて謝罪している。
    TOP