주요 기사 바로가기

【コラム】自動車部品問題はリスク管理の失敗ではない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.30 14:26
0
柳成(ユソン)企業の工場違法占拠事態は比較的速やかな公権力投入で峠を越えた。労働組合の違法占拠による生産中断が自動車業界全般の生産中断につながる危機だった。政府の状況判断が早く、法秩序守護の意志も引き立った。しかし柳成企業事態で表れた韓国の産業および経済環境の弱点については論議が起きている。

現在メディアが指摘しているのはリスク管理問題だ。すなわち部品供給網が突発的リスクに対処できるよう構成されていたかどうかということだ。批判的な立場では、部品会社を1、2社に集中しているのに問題の原因があると見ている。完成品企業が部品会社1-2社を垂直系列化することで部品単価を引き下げるなど統制するには効果を得ているかもしれないが、事故が発生すれば代替案がなく、供給網全体がストップする問題が発生するということだ。 一言で卵を一つのかごに入れるなというリスク管理の基本を守らなかったということだ。

しかし企業がリスク管理の基本を無視して起きた事態だろうか。 市場形態の中には自然独占というものがある。 自然独占とは、生産構造の特性のために供給者が一つに減るのが自然な形態をいう。 設備投資など初期投資費用は非常に大きい半面、生産コストが小さい場合に生じることが多い。 ここでは供給規模が大きくなるほどコストが下がる規模の経済が発生する。 したがって市場需要が制限されているなら、供給者が当初から一つしか生じなかったり、いくつかあっても結局は一つに減ることになる。 柳成企業のような部品供給会社もまさにこれに属する。 さらに部品という製品特性上、品質の安全性が重要な場合、供給源を1-2社に限定するのは品質管理の側面でも利点がある。
【コラム】自動車部品問題はリスク管理の失敗ではない(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP