주요 기사 바로가기

ロトくじが生んだ悲劇…1等当選者が義兄に刺され死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.26 11:25
0
ロトくじで1等に当選した50代の男性が義兄が振り回した凶器に刺され死亡した。慶尚北道浦項(キョンサンブクド・ポハン)に住む男性(51)は昨年2月にロトくじで当選した。警察によると税金を除いて彼が受け取った金額は15億ウォンほどだったという。彼は漁船の機関長として働き、大学生と高校生の子どもを教育させた。だが突然の大金は彼の生活を変えた。男性は大金を得た直後に仕事を辞めた。義兄(52)には4000万ウォンを無利子で貸したりもした。特別な仕事もせずに過ごし酒を飲んでは妻とけんかすることも頻繁になった。このために男性の妻は今年1月に別居を宣言して離婚訴訟を提起した。

事件の発端は酒だった。酔っ払った男性は青林洞(チョンニムドン)に住む義兄のマンションを訪ねて行った。2人は一緒に酒を飲んだ。義兄が男性に「なぜ家庭を顧みないのか」と叱り言い争いとなった。酔った状態で興奮した2人は激しく争った。24日午前1時50分ごろ、義兄は悪口を言いながら家を出て行く男性の後を追い凶器で刺した。

警察関係者は、「金銭問題が原因ではないが、ロトくじに当選しなかったならこうした悲劇もなかっただろう」と話した。警察はイ氏に対して殺人容疑で拘束令状を申請した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP