주요 기사 바로가기

外国人がソウルを好む50の理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.26 11:05
0
外国人が「ソウルを好む理由」は何か。

旅行・文化情報サイトのCNN GOは25日、「ソウルが世界の都市で最高である50の理由(50 reasons why Seoul is the world’s greatest city)」という題名で韓国伝統料理のカルビ(1位)、韓流熱風(2位)、アジア最大のショッピングモールのCOEX(10位)、サウナ文化(27位)、女性グループ(32位)、フィギュアクイーンのキム・ヨナ(37位)、7回も最高空港に選ばれた仁川(インチョン)空港(47位)などを挙げた。

このほかにもひざを打つような理由をCNN GOは提示した。

まず食べ物だ。水より安い焼酎を飲める(20位)。マクドナルドのハンバーガーを家や会社に出前を頼むことができ(33位)、生きているイカを刺身で食べる楽しみがある(39位)。飲酒の後に必要なのは二日酔い解消剤。ソウルにはヘジャングクという薬効の良い食べ物がある(46位)。メイン料理よりも多いおかずが出てくる所がソウルだ。ソウルは7~8種類のおかずは基本、無料のおかわりも心配ない(49位)。

自負心を感じさせる文化的理由も聞かれた。24時間いつでも質問に答える電話サービスの120茶山コールセンターがある(19位)。顔を自動認識して出入口を開けるユビキタスシステムが一般化され(31位)、24時間勉強できる読書室がある(38位)。

一方で、ナイトクラブでウェイターが男女の客をルームで引き合わせて出逢いをあっせんブッキング文化(44位)も文化的理由に含まれた。最上のサービスを受けてもチップは無料(24位)であり、映画館にはカップルだけの席が備わっている(34位)こともソウルの特徴に選んだ。

盤浦(パンポ)大橋とここから吹き出る噴水を4位に選び、世界で最も美しい橋のひとつに推薦した。どんな天気でもゴルフができるスクリーンゴルフ場も高い順位(7位)に含まれた。歴史好きならば訪ねて行く価値のある西大門(ソデムン)刑務所(9位)と、「悪の枢軸(北朝鮮)」を合わせて旅行できる非武装地帯(23位)も推薦した。

「賢明で安い個人秘書」(3位)も順位に入った。あきれた芸能スキャンダルは6位に位置した。韓国のネットユーザーが優れたインターネット検索能力を発揮し歌手ソ・テジと女優イ・ジアの離婚過程をくまなく探したという説明がつけられた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP