주요 기사 바로가기

投身自殺の美人アナ「胸が張り裂けそうに憂鬱」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.05.26 09:15
0
故ソン・ジソンMBC(ソウル放送)「スポーツプラス」アナウンサーの死因は憂鬱症が原因の衝動的自殺と伝えられた。

ソウル瑞草(ソチョ)警察署は25日、捜査結果を発表し、「ソンさんが憂鬱症で病院治療を受けていたことが確認された。最近ミニホームページなどで私生活が露出し、ネットユーザーの非難とうわさが広がったが、これが故人を追い込んだとみられる」と明らかにした。

警察によると、ソンさんは斗山(ドゥサン)ベアーズ所属のイム・テフン選手との不適切な関係に関するうわさが広がり、憂鬱症が悪化していた。19日にはソウルの病院で憂鬱症の治療を受けたことも確認された。病院では「衝動的行動の可能性があるので入院治療が必要」という担当医師の所見にもかかわらず、退院して母と一緒に自宅にいた。

事件当日、ソンさんの自宅では、「経緯書」と題して「胸が張り裂けそうな憂鬱感、未来に対する不安感、ツイッターの一文字一文字が記者らの獲物になるとも思わなかった」という苦しい心境を表した文が見つかった。また「私はあの子のために胸が痛むのをこれ以上我慢できない」という文とともに、携帯電話の暗証番号4けたがA4用紙に残されていたと、警察は明らかにした。

警察はイム選手の捜査に関し「ソンさんとイム選手の関係は正確には確認されていない。また個人の私生活を保護する必要があり、犯罪と関連した事実ではないので捜査は行わない」と述べた。続いて「捜査の内容からみて死因は自殺であるのは明らか。これ以上捜査する理由はなく終結することにした」と明らかにした。

ソンさんは23日午後1時45分ごろ、ソウル瑞草区(ソチョグ)の自宅のマンション19階から飛び降り、頭蓋骨陥没骨折で死亡した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    投身自殺の美人アナ「胸が張り裂けそうに憂鬱」

    2011.05.26 09:15
    뉴스 메뉴 보기
    自殺当時、うつ病にかかっていたと伝えられたMBCアナウンサーのソン・ジソンさん。
    TOP