주요 기사 바로가기

【社説】江沢民と会った金正日がすべきこと

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.25 10:51
0
中国訪問5日目の北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長はあたかも中国全域を遊覧するかのようにしている。20日明け方に豆満江(トゥマンガン)を渡り黒竜江省牧丹江を訪れた金正日は、金日成(キム・イルソン)前主席ゆかりの地を回りすぐに出発、列車で夜を過ごしながら長春に移動した。ここで中国2位の自動車メーカー一汽を訪問した後、また列車で30時間近く2000キロメートル余りを走り江蘇省揚州に到着した。

江沢民前中国国家主席の故郷であり、金日成が1991年に江沢民とともに訪問した所だ。ここで2泊して訪問したところはショッピングセンターと太陽光発電設備工場の2カ所だけだった。揚州訪問の最大の目的は江沢民に会うことだった。今後どの地域をどれだけ回るかは様子を見なければならないが、この日までは中国訪問の目的が確実に何だとは規定しにくい歩みだ。

温家宝中国首相は李明博(イ・ミョンバク)大統領に、「中国の発展状況を理解し、これを自分たちの発展に活用するための機会を与えようとする目的で招請した」と説明した。しかし実際に5日間の日程のうち2泊した揚州では江沢民との会合が主目的とみられる。このために金正日の訪中主目的が経済視察ではなく金正恩(キム・ジョンウン)への3代後継世襲に対する中国側の支持を確かめるためのものという観測が出ている。27歳の若者に権力を世襲することをめぐり中国指導部が適切でないと思っていることを感知し、これをなだめるために江沢民の支持を要請したということだ。金日成はもちろん自身とも親密な関係の江沢民が上海幇の座長として中国政界に強大な影響力を行使していることを考慮した身の振り方だ。

今回の訪問で最も目立っているのは、金正日が中朝間の固いきずなを誇示する姿だ。中国の現指導部に北朝鮮と中国の伝統的関係を絶えず思い出させるための「懐古訪問」とでも言おうか。深刻な危機にさらされている北朝鮮を中国が誠意を尽くして助ける義務があるということをそれとなく強調しているのだ。公開的に経済改革を強調する中国側の招請意図とは多少ずれがあることになる。

中朝関係はこのように中国側の意図と北朝鮮側の意図が合致しない状況だ。G2に浮上した経済大国の中国と奇形的な世襲独裁体制を守る北朝鮮の間に表面化はしなくても相当な隔たりがあるのだ。すでに中国一般大衆の間では金正日と金正恩、さらには北朝鮮自体に対し皮肉ることがますます増えている。結局世襲独裁体制強化と社会主義経済を守るために中国を訪問したとすれば、決して成功的な訪問にはなり難い条件だ。

それなら27歳の息子でも新しい世界を広げていけるよう改革を始めるのはどうだろう。すでに現れているように中国は北朝鮮を内心負担に思っている。決断を遅らせれば破局を避ける機会まで消えてしまうかもしれない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP