주요 기사 바로가기

自動車部品問題で現代車ディーゼルエンジン工場がストップ

ⓒ 中央日報日本語版2011.05.24 15:58
0
自動車エンジンの核心部品を製造する現代(ヒョンデ)自動車協力会社のストライキで、24日、現代車蔚山(ウルサン)工場のディーゼルエンジン工場生産ラインが一斉にストップした。

現代車蔚山工場によると、この日から蔚山工場ディーゼルエンジン工場のAエンジンとRエンジンの生産がすべて中断したという。

自動車エンジンの核心部品であるピストンリングを自動車会社に供給する柳成(ユソン)企業の労使が、昼間連続2交代制と月給制の導入をめぐり対立していたが、労組のストライキと会社の職場閉鎖で生産が中断され、自動車業界に深刻な影響を与えている。

一方、職場閉鎖から1週間目を迎えた柳成企業の労使間初交渉が決裂したことで、警察は柳成企業に対する公権力投入を検討している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP