주요 기사 바로가기

自動車部品問題:「高年俸会社でスト、国民は納得しない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.24 11:29
0
違法工場占拠で韓国の自動車企業の生産支障を招いた柳成(ユソン)企業(忠清南道牙山市)労組に対し、警察が本格的な捜査に入った。18日に使用者側が職場の閉鎖を断行すると、労組はこの日から6日連続で工場を占拠している。警察は近く工場に入り、労組の幹部を強制連行することを検討しているという。

忠清南道(チュンチョンナムド)牙山(アサン)警察署は23日午後、柳成企業の使用者側が労組執行部を告訴したことを受け、主導者級7-8人に対する逮捕令状を請求した。労組執行部は労組員を動員して工場を違法占拠し、管理職社員の出入りを阻止して業務を妨害した容疑を受けている。警察は逮捕令状が発行されしだい、キム・ソンテ労組委員長(41)ら核心指導部を検挙することにした。キム委員長らは工場占拠を主導している。

一方、崔重卿(チェ・ジュンギョン)知識経済部長官はこの日、朝鮮ホテルで開かれた自動車業界懇談会の後、「1人当たりの年俸が7000万ウォン(約520万円)を超える会社のストライキに国民が納得するはずがない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    自動車部品問題:「高年俸会社でスト、国民は納得しない」

    2011.05.24 11:29
    뉴스 메뉴 보기
    23日、忠清南道牙山の自動車エンジン部品生産会社「柳成企業」の工場で、労組員と警察が対立している。労組のストライキと使用者側の職場閉鎖で国内自動車企業の生産に支障が生じている。警察は工場に入って労組幹部を連行することを検討している。
    TOP