주요 기사 바로가기

金委員長、胡主席に戦闘機再要請の可能性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.22 10:08
0
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の訪中動線を調べれば、今後どのような活動を行うのかをある程度推測することができる。動線の政治学だ。

金委員長は以前利用した丹東や集安を通る鉄道ではなく南陽~図們ルートを利用して中国に入った。図們ルートは金委員長が2000年以後6回の訪中過程で一度も利用しなかった。金委員長は2000・2001・2004・2006・2010年の訪中の際は、新義州(シンウィジュ)~丹東ルートを利用し、昨年8月の訪中時は満浦(マンポ)~集安ルートを利用して訪中した。

今回の訪中ルートは昨年8月に中国を訪問した帰路に通ったコースを逆にたどっている。金日成(キム・イルソン)主席ゆかりの地を先に訪問して中国内に進入するものだ。金委員長はこの日図們を経由して金主席と関連した抗日革命遺跡がある黒竜江省牧丹江を経てハルビンに移動したことまで確認された。この過程で牡丹江のホリデーインホテルで顔が露出した。金委員長の動線を調べれば彼が今回の訪中期間に中国指導部の誰に会うのか、どのような活動を行うのかを察することができる。まず訪問地域が吉林省・黒竜江省・遼寧省の東北3省一帯に限定されるケースだ。この場合、金主席関連抗日革命遺跡巡礼は必須コースだ。この日訪問した牡丹江抗日遺跡のほかにハルビンの抗日遺跡を訪問することにより、金日成-金正日-金正恩(キム・ジョンウン)と続く北朝鮮の3代後継世襲の正統性を浮び上がらせるものとみられる。金委員長は昨年8月の訪中時に金主席の母校の吉林市毓文中学校を訪れている。

金委員長は吉林省で長春・吉林・図們をつなぐ長吉図開発プロジェクト現場を視察する可能性もある。北朝鮮羅先(ラソン)特区との連係開発構想が提起されていたところだ。中国は羅先港を通じて東海(トンヘ、日本名・日本海)へと出て行く出海権確保に血眼になっている。

金委員長はハルビンで泊まった後、早ければ21日ごろ長春に移動すると予想される。長春では中国の指導者級要人に会う可能性があると観測されている。昨年8月の訪問時に金委員長は長春の南湖賓館で胡錦涛中国国家主席に会った。

金委員長一行が東北3省一帯だけ回るならば3泊4日前後の短い日程が予想される。しかし今回の訪中が予想より長くなることもありえると対北朝鮮消息筋は伝えている。金委員長は特に中国の経済建設現場を訪れる可能性が大きい。金委員長が中国を電撃訪問したこの日、北朝鮮内閣機関紙の「民主朝鮮」は、中朝親善を強調し天津の発展の姿を突然紹介して目を引いた。これまで中国は対北朝鮮支援の条件として北朝鮮の積極的な改革・開放を求めており、金委員長が中国の改革・開放現場を訪れるジェスチャーが依然必要な状況だ。

金委員長と胡主席が会うならば首都の北京になる可能性が大きい。この場合金委員長を乗せた特別列車が北京に移動することは避けられない。そのような場合、訪中日程は最低5泊6日と長くなることになる。昨年5月の訪中時に胡主席は「殲轟-7」(JH-7)戦闘爆撃機30機など最新兵器の支援を求める金委員長の要請を断ったと伝えられている。今回も金委員長が同様の要求をするかが関心事だ。心臓疾患を経験した金委員長が中国南部の上海と広東省まで下りて行く可能性はすくないとみられる。

今回の訪中に金正恩が同行したとすれば、習近平中国国家副主席と会う可能性がある。2人はそれぞれ北朝鮮党中央軍事委副委員長と中国党中央軍事委副主席として軍部のナンバー2であり次期権力者であるためだ。習副主席は53年生まれで、金副委員長は82年生まれ(実際には84年生まれとされる)で、年齢は29歳差だ。中朝が革命伝統を代々継承しようと叫んできた点から照らしてみれば、金正日・胡錦涛に続き、金正恩・習近平が会談する可能性も相当にある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP