주요 기사 바로가기

【コラム】金正日招待に“真正性”はあるのか(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.20 15:42
0
問題は前提条件だ。 李大統領は「北朝鮮が確実に核を放棄するという意見を国際社会と合意すれば」という条件を付けて金正日を招待した。 金正日が核サミットに来るためにのまなければならない最も苦い薬は、天安(チョンアン)艦・延坪島(ヨンピョンド)に対する謝罪だ。 李大統領は北朝鮮の謝罪が北朝鮮の‘真正性’を担保する最小限の基準だと釘を刺した。 天安艦と延坪島に対する謝罪は金正日にとってあまりにも具体的な要求だ。 それは金正日の軍部掌握だけでなく、金正恩(キム・ジョンウン)世襲体制の軟着陸とも連結する問題だ。 条件がなくても、韓国大統領が主人の祭りをなぜ私が引き立てるのかとためらう金正日だ。 韓国に犯した罪が重い金正日は敵陣の心臓部で感じる身の危険も考慮するだろう。

金正日招待に関する南北秘密接触は始まった。 非核化の約束はどれほど具体的にするのか、天安艦・延坪島に対する謝罪の程度はどのラインで決めるのか、事前に協議することは多い。 金正日が会う相手とも協議しなければならない。 相互信頼がゼロ以下の状態で、北朝鮮説得は容易ではないはずだ。 青瓦台(チョンワデ、大統領府)は北朝鮮の差し迫った経済事情が金正日を核サミットに引き出すと期待しているようだ。

しかし果たして金正日が李大統領の招待を‘真正性’があるものと判断するだろうか。 李大統領はベルリン訪問の日程に合わせようと、北朝鮮との事前協議もなく公開的に金正日を招待してしまった。 北朝鮮は李大統領がジミー・カーター元米大統領が持ってきた「いつでも条件なしに南北首脳会談をする用意がある」という金正日の提案を受けず、核サミット招待を持ち出した意図を疑うだろう。 北朝鮮祖国平和統一委員会(祖平統)が金正日招待に関し「逆徒の挑戦的な妄言」という言葉を吐くのも、李大統領の意図を悪意的に解釈した結果だ。 青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は、金正日が韓国大統領が開く国際行事に来て脚光を横取り(steal the show)しようとするかもしれないと話した。 核サミットの金正日は会議場だけでなく世界の関心を独占するはずだ。 しかし韓国大統領のショーを横取りする北朝鮮の国内政治的代価があまりにも高すぎると話は変わる。

動機はともあれ、さいは投げられた。 本当に金正日が来ることを望むなら‘真正性’を持って金正日の核サミット出席に期待されるリスクゼロの利得を納得させてこそ、ベルリン提案が虚虚実実に基づいた‘言葉の浪費’という批判を免れるだろう。

金永煕(キム・ヨンヒ)国際問題大記者
【コラム】金正日招待に“真正性”はあるのか(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP