주요 기사 바로가기

【社説】対北朝鮮食糧支援、見直す時期が来た

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.18 11:12
0
訪韓中の米国のボズワース北朝鮮担当特別代表は17日、対北朝鮮食糧支援問題について「韓米両国は共通の見解を持っている」と強調した。この発言は今のところ対北朝鮮食糧支援に反対する韓国の立場を米国が支持するという意味と解釈されている。米国が韓米協調を損ねてまで食糧支援をしないという立場であるからだ。

しかし米政府内外では対北朝鮮食糧支援が必要だという声が強まりつつある。食糧難を訴える北朝鮮をひたすら放置してはいけないという主張だ。人道的な理由とともに政治的な判断も背景になっている。このため米政府の食糧調査団が近く北朝鮮を訪問する予定だ。調査団が戻れば対北朝鮮食糧支援に対する米政府の立場がさらに明確になると予想される。その結果に基づいて韓国政府も対北朝鮮食糧支援問題に対する立場を調整する必要がある。

今までの政府の立場ははっきりしている。天安(チョンアン)艦・延坪島(ヨンピョンド)事件に対する謝罪および進展した非核化措置なしに、北朝鮮に対して大規模な食糧支援はできないということだ。これをめぐり国内では賛否両論がある。北朝鮮の対南攻撃行為に対する怒りが続いている状況で、世論は概して政府の立場を支持している。しかし私たちは余るコメを処理できず困っている一方、飢えに苦しむ北朝鮮同胞を助けないのは間違っているという世論も少なくない。北朝鮮の食糧事情が確認されれば、食糧支援の必要性がさらに強まる可能性がある。

支持世論が相対的に弱い中、対北朝鮮食糧支援の見直しを促す理由は複合的だ。まず人道的な理由だ。北朝鮮の食糧難は慢性的だ。非効率的な社会主義体制を固守しているからだ。したがって責任は北朝鮮当局にある。しかしこの点が北朝鮮住民を助けるべき私たちの義務を軽減させはしない。遠いアフリカの飢餓の惨状にも私たちは責任の所在を問わずに心を痛め、支援をためらわない。血を分け、言語と歴史を共有する同胞がすぐそばで食糧難を訴えているのに、これを無視することはできない。

もっと重要なのは戦略的な理由だ。南北は過去60年間分断されながら何度も対立した。イデオロギーの対立が世界の秩序を決定した時期だった。しかし社会主義圏の没落でイデオロギーの対立はすでに世界から消えた。それでも南北は相変わらず旧時代的なイデオロギー秩序にこだわって葛藤している。北朝鮮は関係を結ばないわけにはいかない隣人であり同胞という特別な対象だ。今まで私たちにさまざまな脅威と負担を抱かせてきたのは事実だが、それでも北朝鮮の存在を消すことはできないのだ。それならむしろ北朝鮮との関係を逆転させて、一緒に未来を切り開く対象とする戦略的な判断が必要だ。「北朝鮮の悪い態度を直す」という考えを越えて、通時代的な視点に基づいた青写真が必要だ。私たちは対北朝鮮食糧支援がその青写真になると信じたい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP