주요 기사 바로가기

香港に入港した米原子力潜水艦「ハンプトン」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.18 08:47
0
太平洋西部海域で作戦中の米第7艦隊所属の原子力潜水艦「ハンプトン」(SSN-767)の選任参謀ネルソン氏が17日、トマホークミサイル4発と魚雷2発が見える武器庫で写真撮影に応じている。後方で中央日報のチョン・ヨンファン香港特派員がカメラを持って撮影している姿が見える。中央日報はAP通信・明報など7社とともに韓国メディアでは唯一、潜水艦公開行事に招待され、潜水艦内部を参観した。

全長110メートル、排水量6900トンのロサンゼルス級原子力潜水艦「ハンプトン」は12発のトマホークミサイルを搭載している。核弾頭装着が可能なトマホークミサイルは低空飛行で敵のレーダー網を避け、ごく少量の熱しか発しないため赤外線探知機による探知も難しい。

中国人民解放軍の陳炳徳総参謀長の訪米日程に合わせて「ハンプトン」は90日間の潜水を終え、15日に香港に入港した。中国が昨年、「南中国海(南シナ海)は中国の核心利害水域」と主張すると、クリントン米国務長官は「南中国海の航海権はすべての国の普遍的権利」と述べるなど、両国の軍事関係に緊張が流れた。今年1月、中国の胡錦濤国家主席の訪米を契機に雪解けムードに入り、米原子力潜水艦が中国の領海である香港の海に停泊することになった。

トマホークの諸元

◇射程距離:1250-2500キロ◇最高速度:時速880キロ◇弾頭:重量450キロの弾頭または核弾頭装着可能◇大きさ:全長5.56メートル(ブースターを付ければ6.25メートル)、直径0.52メートル、翼幅2.67メートル

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    香港に入港した米原子力潜水艦「ハンプトン」

    2011.05.18 08:47
    뉴스 메뉴 보기
    選任参謀ネルソン氏が17日、トマホークミサイル4発と魚雷2発が見える武器庫で写真撮影に応じている。
    TOP