주요 기사 바로가기

韓国の違法コピー率、OECD平均を大きく上回る

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.13 11:24
0
韓国のソフトウェア違法コピー率が2年連続でかろうじて世界平均を下回った。 しかし違法コピーによる損失額は大きく増えた。

国際民間機構ビジネス・ソフトウェア・アライアンス(BSA)が12日、シンガポールで発表した「2011世界ソフトウェア違法コピー現況報告書」によると、韓国の違法コピー率は40%で、対象116カ国の世界平均値(42%)より2ポイント低かった。 国内のソフトウェア違法コピーによる損失額は7億2200万ドルで、前年比25%も増えた。 高価なソフトウェアを違法にコピー・ダウンロードすることが多いからだ。

韓国の違法コピー率は経済協力開発機構(OECD)34カ国の平均値(27%)に比べるとかなり高い。 ポルトガルと並んで21番目に高い。 米国・日本・ルクセンブルクはともに20%で最も低かった。

BSA韓国事務局のキム・パンヒ本部長は「経済先進国になったものの、知的財産権に対する国民の認識、企業のソフトウェア資産管理教育、強力な取り締まりなどがまだ不足している」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP