주요 기사 바로가기

李大統領「来年のソウル核安全保障サミットに金正日招待」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.10 06:58
0
李明博(イ・ミョンバク)大統領は9日(現地時間)、「北朝鮮が国際社会と非核化について確実に合意すれば、来年3月26、27日の2日間(50余カ国の首脳が出席する)ソウル核安全保障サミットに北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長を招待したい」と明らかにした。独ベルリンでメルケル首相と首脳会談を行った後の記者会見でだ。李大統領は「そうなれば北朝鮮は明るい未来が保証される機会を得るだろう」と述べた。

李大統領の欧州訪問に随行中の青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「統治者の政治的でありながらも積極的なメッセージが込められた発言」と伝えた。李大統領が言及した「北朝鮮の国際社会との非核化合意」水準に関し、この関係者は「北朝鮮が核査察を受け入れれば前向きな信号」とし「結局、6カ国協議で北朝鮮がウラン濃縮プログラム(UEP)を含む全体核プログラムを廃棄する用意があることを明らかにし、残り5カ国は安保と経済の観点で北朝鮮とどんな協力事業を進行するかという計画が出てこなければならないだろう」と述べた。

◇核安全保障サミット=オバマ米大統領の提案で2010年にワシントンで初めて開催された。軍縮不拡散分野では世界最大規模の首脳会議。当初は「核物質安保」レベルで一回の行事として企画されたが、第2回ソウル会議の日程まで決まった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP