주요 기사 바로가기

十字架遺体の近くにあったドリルに血痕…DNA検査へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.05.06 10:43
0
十字架に打ちつけられたまま死亡していたキムさん(58、慶尚南道昌原市)の事件を究明するため、警察が現場で発見した鋸・ドリル・刃物のDNA検査を5日に国立科学捜査研究所に要請した。

警察は1日、聞慶市竜岩面(ムンギョンシ・ノンアムミョン)ドゥンドク山の採石場で発見されたキムさんの遺体近くにあった工具の簡易検査をし、血痕反応を確認した。これらの工具から血痕が明確に出てDNAが確認されれば、自殺か他殺かを判断できるとみられる。しかし遺体が発見される前の先月22日と30日、聞慶には各39ミリ、37ミリの雨が降ったため、DNA検査に必要な血痕が十分に残っていない可能性もある。キムさんは先月22日以前に死亡したと推定されている。

この事件を捜査中の慶北聞慶警察署はこの日、遺体発見者の養蜂業者チュさん(53)も調べた。チュさんは事件現場の廃採石場から5キロほど離れたところに住み、2年前にキムさんに会っている。牧師出身のチュさんは5年前にソウルから聞慶に移り、養蜂業をしている。警察はチュさんがキムさんと知り合った経緯、人の往来がほとんどない廃採石場に行くことになった理由について調べた。警察はキムさんが縁故のない聞慶で死亡し、遺体を発見した人もチュさんである点に注目している。

チュさんは警察で「自分が運営する宗教相談サイトにキムさんが08年に会員加入し、翌年、聞慶で一度会った」と話した。当時、キムさんは「私はイエスにならなければいけない」などと話していたという。

チュさんは採石場を訪れた理由について「他の地域から来た養蜂業者に巣箱を置く場所を探してほしいと頼まれて採石場に行き、十字架の形をしたものが見えたので行ってみると遺体があった」と述べた。チュさんは「2年前にキムさんと会ってからは連絡をしたり接触したことはない」とし「遺体がキムさんであるということも警察官から聞いて知った」と話した。
【今日のイチオシ記事】
・米国NYのアイコン・イエローキャブになぜ日産が選ばれたのか
・キム・ヨナ、“フィギュアクイーン”から“芸能人”へ…華麗なる変身
・独島を誤って表記した教科書を一斉修正へ
䖁アフガン韓国基地にまたロケット砲襲撃…ビンラディン射殺に対する報復か
・肺がん末期の日本人男性、韓国医師を訪ねた理由
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP