주요 기사 바로가기

<フィギュア特集>世界選手権大会出場までキム・ヨナの13カ月(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.04.29 13:33
0



‘フィギュアクイーン’キム・ヨナの大会出場は、昨年3月28日の世界選手権以来およそ13カ月ぶりとなる。その間、キム・ヨナにはいろんなことがあった。タイム誌選定の100人に選ばれ、世界的な有名人になった一方、3年間一緒に力を合わせてきたオーサーコーチと決別する痛みもあった。13カ月間の紆余曲折を整理した。

◇IBスポーツからオールザットスポーツへ 

キム・ヨナ側と従来の所属会社IBスポーツの決別説が出てきた。母親のパク・ミヒ氏が新しいマネジメント会社をつくるといううわさだった。この過程で「キム・ヨナを指導してきたオーサーコーチが浅田真央からコーチの依頼を受けた」という話も出てきた。結局、4月20日に‘キム・ヨナ・カンパニー’と呼ばれるオールザットスポーツ(AT Sports)がスタートした。代表は予想通りキム・ヨナの母パク・ミヒ氏だった。

◇タイム100人に選定

米時事週刊誌タイムが2010年4月29日、「世界で最も影響力のある100人」を発表した。キム・ヨナは「英雄」部門の25人の一人に選ばれた。リストのトップはビル・クリントン元米大統領で、キム・ヨナは2番目だった。

◇キム・ヨナ、選手生活継続を発表

オリンピック(五輪)後、ファンらが最も心配していたのはキム・ヨナの進路だった。選手生活を続けるか、引退するのか、周囲からもさまざまな声が出た。2010年5月31日、キム・ヨナはカナダ・トロントで現地練習を行いながら「選手生活を続ける」と明らかにした。2014年ソチ五輪への挑戦については「そこまで先を見ていない。ひとまず今季をどうするか考えている」と語った。

◇世界選手権大会出場を発表

カナダ・トロントで現地練習をしていたキム・ヨナが、アイスショー「三星(サムスン)エニーコール・ハウゼン2010オールザットスケートサマー」のため2010年7月18日に帰国し、「今季グランプリ大会は出場しないことにした。アジア競技大会も考えていない。世界選手権大会には出る」と明らかにした。

◇米LA市が「キム・ヨナの日」発表

ロサンゼルス市議会が「キム・ヨナの日」制定決議案を全員一致で通過させた。キム・ヨナが2010年8月7日、米国同胞後援財団選定の「誇らしい韓国人賞」授賞式に出席するためロサンゼルス市を訪問したが、コリアタウンを所轄区域とするハーブ・ウェソンロサンゼルス市会議員とトム ・ラボンジ市会議員がキム・ヨナの訪問を記念して、8月10日を「キム・ヨナの日」に制定する決議案を上程した。


<フィギュア特集>世界選手権大会出場までキム・ヨナの13カ月(2)

【今日のイチオシ記事】
・<フィギュア>キム・ヨナの練習量…浅田より一日4時間多い
・<フィギュア>キム・ヨナ、きょう最後に登場…浅田の次で負担は?
・【コラム】韓国の宇宙開発予算、米国の60分の1
・朝鮮王室儀軌返還へ…駐日韓国大使「韓国国民と先祖に面目立った」
・KARA3人が復帰、離脱してから100日ぶり
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <フィギュア特集>世界選手権大会出場までキム・ヨナの13カ月(1)

    2011.04.29 13:33
    뉴스 메뉴 보기
    ‘フィギュアクイーン’キム・ヨナの練習風景。
    TOP