주요 기사 바로가기

三星、セマングムにグリーンエネルギー団地造成へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.28 17:30
0
三星(サムスン)が全羅北道(チョンラブクド)セマングム11.5平方キロメートル(350万坪)の敷地に「グリーンエネルギー総合産業団地」を構築する。 2021年から20年間進行され、風力・太陽電池・燃料電池など次世代新事業の生産基地が入る。

国務総理室は27日、ソウル世宗路(セジョンノ)政府中央庁舎で三星とこうした内容の了解覚書(M&A)を交換した。 MOU締結式には林采民(イム・チェミン)国務総理室長、金淳沢(キム・スンテク)三星未来戦略室長、金在水(キム・ジェス)農林水産食品部第一次官、金正寬(キム・ジョングァン)知識経済部エネルギー資源室長、金完柱(キム・ワンジュ)全北道知事らが出席した。

三星は1次投資として2021年から2025年まで4.1平方キロメートル(125万坪)の敷地に7兆6000億ウォン(約6000億円)を投資し、風力発電機、太陽電池生産基地、グリーンエネルギー研究開発(R&D)センターを構築する計画だ。 総理室は三星の1次投資で約2万人の雇用創出が可能と見込んでいる。

三星は1次投資に続き、2026年から2030年には3.3平方キロメートル(100万坪)にエネルギー貯蔵システム(ESS)を建設し、風力発電機と太陽電池生産基地を増設することにした。 2031年から2040年までは4.1平方キロメートル(125万坪)の敷地に燃料電池分野などを追加で投資し、グリーンエネルギー総合産業団地を完成する方針だ。

これを受け、三星は5大次世代新事業の一つである太陽電池などグリーンエネルギー事業のための敷地を確保し、新事業推進に拍車を加えることになった。 三星は昨年5月▽太陽電池▽自動車用バッテリー▽発光ダイオード(LED)▽バイオ・製薬▽医療機器を親環境エネルギーおよびヘルスケア関連新事業として、2020年までに23兆ウォンを投資するという計画を発表した。 三星は昨年12月、医療機器会社メディソンを買収して医療機器事業を強化、今年2月にはバイオ医薬品事業進出を発表している。

三星がグリーンエネルギー産業団地の造成地をセマングムに決めた背景は、グリーンエネルギー産業の最大需要国と予想される中国との貿易に便利な立地条件を備えているという点だ。 2020年は、セマングム第1段階事業が完了し、交通・物流・人材などの産業インフラが大幅に拡充される時期だ。 さらにグリーンエネルギー産業は事業特性上、大規模な敷地を必要とするだけに、開発初期段階のセマングムは大規模な敷地の確保に有利という点が考慮された。

三星の関係者は「政府と全羅北道はグリーンエネルギー事業に必要な協力会社の産業団地造成にも積極的に協力することにした」とし「対象敷地の供給方法と価格、代金支払いなど具体的な条件はセマングム地域の開発進行を見守りながら今後協議することにした」と述べた。

27日に防潮堤竣工1周年を迎えたセマングム事業推進企画団は、昨年8月にOCI社が2020年まで10兆ウォンを投資して太陽光産業団地を建設することにしたのに続き、三星の投資までも誘致し、さらに活気づいた雰囲気だ。 李秉国(イ・ビョングク)総理室セマングム事業推進企画団長は「三星の今回の投資はグリーン成長および新しい成長動力創出というセマングムの開発方向と一致する投資」とし「投資計画が支障なく進行されるよう法令の範囲内で綿密に支援していく」と述べた。
【今日のイチオシ記事】
・体はホンダ、顔はベントレー…進化する中国“コピー車”
・韓国の発電機、日本1万世帯に「友好の光」
・<フィギュア>キム・ヨナ-浅田真央、希望を演じるライバル
・【時論】バランスが取れた新しい歴史教科書を作ろう
・キム・ジャンフン「独島広告に抗議する日本の姿、気の毒」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP