주요 기사 바로가기

体はホンダ、顔はベントレー…進化する中国“コピー車”(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.28 11:09
0
世界自動車界に広がっているエコブームはコピー車も例外でない。外観は明らかに1990年代の車だが、、後ろに「EV」(Electronic Vehicle=電気自動車)というエンブレムが付いている。側面と前面にもEVステッカーがあり、電気自動車のようだった。

しかしドアやトランク、ボンネット、燃料注入口は閉じられている。ガラス窓の間から中をのぞいてみると、一般内燃機関(ガソリン・ディーゼル)車に使う変速機が見えた。床から車の下を見ると、内燃機関車に付いている各種パイプなどがあった。

一部の人は中国がコピー車を量産することをついて古代の義賊文化、また所有権自体が薄い社会主義式観念を理由にあげる。中国では知的財産権自体がなかなか受け入れられず、これを盗んで真似るというのがむしろ中国式気概という説明だ。しかしモーターショーの現場ではこれとは違う声が聞こえる。自動車は製品自体がノウハウの集約体であるため、経験がない新生会社は「模倣しながら学ぶ」時代は避けられないということだ。

韓国と日本をはじめとする多くの自動車会社もこのように成長した。ただ、韓国と日本の自動車会社は合法的に模倣したり、目立たないように模倣する方法を選んだ。半面、中国の自動車会社の場合、無条件に模倣したり、誰が見ても分かるようなコピーをするのが異なる点のようだ。


体はホンダ、顔はベントレー…進化する中国“コピー車”(1)

【今日のイチオシ記事】
・体はホンダ、顔はベントレー…進化する中国“コピー車”
・韓国の発電機、日本1万世帯に「友好の光」
・<フィギュア>キム・ヨナ-浅田真央、希望を演じるライバル
・【時論】バランスが取れた新しい歴史教科書を作ろう
・キム・ジャンフン「独島広告に抗議する日本の姿、気の毒」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP