주요 기사 바로가기

プライバシー問題に波紋…ジョブズ「位置追跡、我われはしない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.27 16:05
0
アップルとグーグルが米上院の公聴会に立つ見通しだ。 最近波紋が広がっているスマートフォン位置情報収集のためだ。 米上院司法委員会傘下プライバシー小委員会が「モバイルプライバシー保護」という主題で来月10日に公聴会を開き、アップルとグーグルの代表を召喚すると、ワシントンポスト(WP)電子版が25日(現地時間)報じた。

議員は公聴会で位置情報を収集した時期・過程と目的、情報を他の会社と共有したかどうかなどを質問する予定だ。

民主党のアル・フランケン・プライバシー小委員長はアップルのジョブズCEOにこうした内容を含む質疑書簡を送った。 公聴会には司法省と連邦取引委員会(FTC)代表、個人情報保護の専門家も出席する。 フランケン委員長は「今回の公聴会は、スマートフォン、タブレットPCなどの先端技術が‘私生活保護’という連邦法の精神に基づいて作られる第一歩になるだろう」と述べた。 アップルとグーグルは公聴会出席について言及していない。

両社は上院のほかにも米国全域から釈明の圧力を受けている。 米下院国家エネルギー・商業委員会はこの日、アップル・グーグル・ノキアなど携帯電話運営体制製造会社に質疑書簡を送り、情報収集と利用過程について来月9日までに回答するよう要求した。 波紋は広がっているが、位置情報収集を一部認めたグーグルとは違い、アップルはまた立場を表明していない。 ニューヨークタイムズ(NYT)はオンラインメディアを引用し、ジョブズが電子メールで位置情報収集を否定した、と伝えた。 あるアイフォーン使用者が「グーグルのアンドロイドに変える前にアイフォーンの位置追跡プログラムについて説明してほしい」とメールを送ると、ジョブズは「彼ら(アンドロイド)は位置追跡をするが、私たちはしない。 周囲に広まっている情報は偽り」という返信をしたという。 しかしアップルはこのメールの真偽も確認していない。

アップルなど情報技術(IT)企業が顧客情報を集める理由は収入源である広告と連結するためだ。 企業側はさまざまな無料サービスを提供する代わりに、サービス利用記録を保存し、個人向けの広告に活用してきた。
【今日のイチオシ記事】
・【コラム】失敗して学ぶ野村の海外挑戦
・【コラム】「ミシュランレストラン」 なぜソウルにはないのか
・「韓日関係が円満であってこそ支援もできる」
・元KARAメンバー、ウェディング写真を公開
・韓国人が現地で最も多く引き出す貨幣は?
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP