주요 기사 바로가기

財政破綻した日本・夕張市に30歳の市長が誕生

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.26 09:57
0
2006年に財政破綻し日本の地方自治体で初めて破産を宣言した北海道夕張市時で最年少市長が誕生した。24日に実施された日本の統一地方選挙で夕張市長に当選した鈴木直道氏は今年30歳の元東京都都庁職員だ。日本唯一の財政再建地方自治体の夕張市は中央政府の同意なく予算変更さえできない破産地方自治体だ。鈴木氏は「夕張を北海道で最も元気な市にする。政策で1位、若さで1位、夕張市長選で1位」というスローガンを叫んで遊説を行った。

鈴木新任市長は1999年に東京都庁高卒公務員として出発した。都庁生活とともに法政大学に通い地方自治を専攻した。夕張市には2008年1月から2年間派遣され市民と窓口を担当した。夕張の若い経営者や市公務員たちと夕張の未来について悩み、「夕張のために人生をかけてみよう」という結論に至ることになった。夕張市長の月給は約26万円。婚約者(29)との結婚も控えている。

一方、政権与党の民主党が10日に行われた広域選挙と24日統一地方選後半戦ともに敗北し菅直人首相責任論がまた浮上した。樽床伸二議員は25日、「目標に達しない結果を重く受け止め責任を負うべき」として辞任論を持ち出した。菅首相に反対する小沢一郎元民主党幹事長側の動きも早くなった。小沢派議員らは菅首相責任論を議論するための衆参両院議員総会開催を要求し署名作業に入った。




【今日のイチオシ記事】
・「キム・ヨナの『ジゼル』は完ぺき」日本メディアが絶賛
・ヨン様‘キーイースト’、イ・ジアの小さな噂にも“超高速”対応
・【社説】「20対80社会」 …再分配・福祉の見直しを
・ボリビア原住民にハングル表記試験事業実施
・「アリランを聞いて涙が出た」日本のネットでアリランめぐり激論
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP