주요 기사 바로가기

聞慶で統一新羅時代の金銅仏像7点出土

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.22 08:57
0



慶尚北道聞慶市虎渓面(キョンサンブクド・ムンギョンシ・ホゲミョン)の烏井山(オジョンサン)には「チョルゴル」という地名がある。「寺がある谷」という意味だ。朝鮮時代の文人、徐居正(ソ・ゴジョン、1420~1488)が聞慶県八詠に「烏井鐘楼」を挙げ、金宗直(キム・ジョンジク、1431~1492)は時調「烏井霜鐘」で夜に聞こえる寺の鐘の音を詠んだ。過去の地図や文献にも烏井寺という寺が現れるが、いつなくなったのか、正確にどこにあったのかは究明されたことはなかった。ところが国軍体育部隊を移転するために敷地を調査していたところ、寺の跡が確認された。統一新羅時代の金銅仏像も7点出土した。埋蔵文化財専門調査機関の嶺南(ヨンナム)文化財研究院は21日、烏井寺の建物跡9棟、築台施設6基、付属施設8基などを発掘したと明らかにした。

新たに見つかった仏像は精巧に作られた金銅如来立像と金銅菩薩立像などだ。仏像は8世紀の統一新羅時代から、それより少し後代に作られたものとみられる。最も大きいものは長さが18センチメートルに達するが、鋳物ではなく板で作られた薄い作品だ。左から2番目の金銅如来立像と3番目の金銅菩薩もやはり典型的な8世紀のものだ。
【今日のイチオシ記事】
・ソマリアの韓国船舶拉致、「避難所」が船員20人を救った
・海賊に狙われた韓国コンテナ船…船員はマニュアル通り避難所へ
・李健煕会長「世界すべての会社が三星を牽制」
・ペ・ヨンジュン、「ソ・テジとイ・ジアの離婚」本当に知らなかった?
・韓国研究者、「‘音の좂い’地震警告音を聞く技術確保が必要」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    聞慶で統一新羅時代の金銅仏像7点出土

    2011.04.22 08:57
    뉴스 메뉴 보기
    慶尚北道聞慶市虎渓面の烏井山の「チョルゴル」から出土した統一新羅時代の金銅仏像7点。
    TOP