주요 기사 바로가기

<農協電算システム事故>会長「すぐに復旧するという職員を信じたのに…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.15 09:29
0
農協のコンピューターネットワークの復旧遅延にともなう顧客3000万人の不便は3日にわたり続いた。農協中央会の崔円炳(チェ・ウォンビョン)会長は14日に会見し、「私も事故関連報告をすぐに受けられなかった。すぐに復旧するという職員らの話だけ信じて食わされた」として復旧遅延に対して謝罪した。

農協は事故直後に、「12日夕方までに復旧する」とし、その後13日午前、14日昼と先送りされたが完全復旧はずれ込んだ。崔会長は補償に対し、「顧客の被害内容をすべて把握し、金額がいくらになろうが100%したい」と約束した。

農協は前日に夜通し作業を行い現金自動預払機(ATM)とインターネットバンキングなど大部分の取り引きを正常化した。しかし、共済保険業務とクレジットカードのキャッシングサービス、チェックカード決済機能などは依然として障害が出ている。正常化したと発表されたインターネットバンキングはアクセス殺到によりアクセスできなかったり遅れるケースが多かった。
【今日のイチオシ記事】
・マッコリの抗がん物質含有量、ビールやワインの最大25倍
・福島原発近海の放射能数値が低下…依然予断許さず
・ハン・ヒョジュ、超ミニで脚線美を誇示
・【社説】原発、国民の安全と安心が優先
・【コラム】ソウルモーターショー、中国に勝つには中国と手を組め
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP