주요 기사 바로가기

福島でM7.0の強震、原発も一時停電(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.12 08:41
0
東日本大震災が起きて1カ月の11日、日本で再び強い余震が発生した。日本の気象庁は11日午後5時16分に先月地震で大きな被害を受けた東北地方でマグニチュード7.0の地震が発生したと発表した。7日にマグニチュード7.1の強震が発生したのに続きわずか4日で再び強震が発生した。先月11日の大震災からこれまでマグニチュード6以上の強震だけで78回発生したと集計された。

この日の余震は何回も続き、午後5時17分と25分にもマグニチュード5以上の地震が発生した。東北地方と北海道、東京を含む関東地方でもマグニチュード3~5の地震が感知された。震源は北緯36.9度、東経140.7度で福島第一原子力発電所近くの海底約6キロメートル地点と推定される。気象庁はすぐに茨城県海岸に津波警報を、福島県沿岸などには津波注意警報を出したが午後6時5分ごろにすべて解除した。津波の最大高さは1メートルだった。

問題はこの日の余震により福島第一原発でまた問題が生じたという点だ。1~3号機の外部電源が遮断され冷却水注入が約50分間中断された。余震直後に東京電力は、「消防ポンプを利用して原子炉に水を注入する予定」と発表したが、当時は津波注意報が出され現場作業員はすべて待避した状況だった。NHKは、「外部電源が切れ冷却水注入が中断されればディーゼル発電機や消防ポンプを利用して水を注入しなければならない。これは人が作動させなければならないが、作業員が全員待避している状態」と報道した。NHKは「冷却水注入が長時間中断される場合、燃料棒の温度が高まり危険な状況が再演されかねない」と伝えた。


福島でM7.0の強震、原発も一時停電(2)

【今日のイチオシ記事】
・民主党が地方選で惨敗、小沢元代表「菅首相のせい」
・【コラム】自殺の抗弁も耳に入らない…
・少女時代のソヒョン、ギターを弾く姿が話題に
・「韓国史必修」公聴会…「歴史に自負心を抱く内容を」
・東日本大震災から1カ月…「中国の取引先を開拓」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP