주요 기사 바로가기

【コラム】日本、政府が災いだ(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.08 17:19
0
伊藤博文の玄孫である松本剛明外相は参院で、「韓国が不法占拠している独島が他国のミサイル攻撃を受ければどう対応するのか」という質疑に対し、「竹島は私たち固有の領土であるため、私たち領土が攻撃されたものと見なして対応する」と答えた。 竹島とは独島のことだ。 韓日強制併合の元凶であり初代朝鮮統監だった伊藤の子孫として遜色ない特級妄言だ。 松本外相は南山(ナムサン)に安重根義士の銅像が建てられたことに是非を論じた人だ。 日本外相の‘国際感覚のなさ’は、コーランを燃やしてアフガニスタンに反米暴動を触発させた米国人牧師の水準だ。

菅直人民主党政権は地震・津波と福島原発爆発という未曽有の災難の前で慌てて事故を膨らませたという批判を受けている。 日本政府は原発事故の初期、米国とフランスの支援を拒否し、事態収拾の機会を逃した。 日本政府のこうした無責任な態度は「福島原子炉に外国に知られては困る秘密が隠れているのではないか」という疑惑を呼んだ。

日本政府は原発被害地域の住民をどの距離まで避難させるのか、農畜産物の放射能被害はどの程度か、どの農産物を生産または出荷禁止させるのかなど、住民の死活がかかる情報を適時に提供しなかった。

日本人も日本政府の発表に不信感を抱いている。 災難の前で冷静な日本人に驚嘆した世界は、経済大国の指導者のみずぼらしい危機管理能力にまた驚いている。 地震・津波復旧と原発事態の収拾に投じる時間と力も足りない時に、隣国を相手に歴史歪曲だけでなく領土権まで主張する日本政府の無神経が恐ろしい。 これはグローバル時代の先進国政府の姿ではない。 日本政府が災いだ。

文部科学省は新しい歴史教科書で、外相は独島妄言で、韓国で熱くなった韓日友好ムードに冷や水を浴びせた。 韓国では冷静に対応しようという言葉が出ている。 冷静とは何か明確でないままこう話している。 私たちが進むべき道ははっきりしている。 逆境の中の日本住民に対する声援に拍車を加えながら、独島実効支配を着実に進行することだ。 妄動と妄言には反応する価値もない。
【コラム】日本、政府が災いだ(1)

【今日のイチオシ記事】
・<福島原発>【社説】休校を許可した京畿教育庁、判断に問題はないのか
・「韓国の競争力、アジア国家1位」…日本は3位
・北朝鮮外務次官、中国で米国務次官補と接触も
・フィソン、「放射能雨」発言後にツイッター脱退…なぜ?
・金滉植首相「独島に軍駐풓、検討の価値ある」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP