주요 기사 바로가기

【コラム】日本、政府が災いだ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.08 17:19
0
人に迷惑をかけるな。 日本人が学校と家庭で集中的に受ける教育だ。 日本東北地方の海岸地域の住民は地震・津波で家族を失っても、他人に、特により大きな不幸にあった人に迷惑をかけないよう涙をこらえ、断腸の悲しみを黙々と静めた。 日本人の忍耐と自制と市民精神に世界が驚嘆した。

ところが日本政府はなぜこのありさまか。 東京電力が放射能汚染水を海に放出することを容認し、独島(ドクト、日本名・竹島)が日本の領土だと記述した歴史教科書の出版を主導することで、隣国の韓国に深刻な迷惑をかけている。 東京電力は高濃度放射能汚染水を原子炉内に保管する空間を確保するために、低濃度放射能汚染水を海に流した。 しかし日本政府はいつかは海洋汚染の被害を受けることになる周辺国にこうした事実を事前に通報しなかった。

海洋汚染を心配して放射能汚染水放出に関する詳細情報を要求する周辺国に対し、日本政府は厚かましくも「濃度が低いので人体に被害はない」「原子力廃棄物の海投機に関する国際法に違反しない」などと空しい弁解を並べた。 該当地域の漁民もこうした言葉を信じず、汚染水放出を即時中断するよう求めた。 放射能の脅威は、常に最悪のケースに対応しなければならないことは日本人が最もよく知っている常識だ。 にもかかわらず日本は事前に一言の説明もなく1万トン以上の‘死の水’を海に放出した。 それが、より大きな災難を防ぐために避けられない措置だったのなら、それを説明して周辺国の理解を得なければならなかった。

放射能汚染水の放出が韓国人の肉体的な健康を脅かすものなら、独島問題に関する日本政府の言行は韓国人の心に鋭い刃を向けるものだ。 過去にも日本中学校の歴史・社会科教科書は独島を日本の領土と記述したが、今回は過去のどの教科書よりも具体的かつ直接的に明記している。 歴史教科書は「韓国が独島を不法占拠している」「安重根(アン・ジュングン)義士が伊藤博文を暗殺したため日本が朝鮮を併合した」という勝手な解釈で歴史をねつ造している。 日本政府は次世代の日本人を歴史の文盲、国際的のけ者にするつもりなのか。
【コラム】日本、政府が災いだ(2)

【今日のイチオシ記事】
・<福島原発>【社説】休校を許可した京畿教育庁、判断に問題はないのか
・「韓国の競争力、アジア国家1位」…日本は3位
・北朝鮮外務次官、中国で米国務次官補と接触も
・フィソン、「放射能雨」発言後にツイッター脱退…なぜ?
・金滉植首相「独島に軍駐屯、検討の価値ある」


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP