주요 기사 바로가기

三星ギャラクシータブ、アップルの戦略に苦戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.08 16:29
0
アップルが先月初め、499ドルでiPad2を出した時、業界は驚いた。 朴炳燁(パク・ビョンヨプ)パンテック副会長が「アップルのiPad2の価格政策はみんな死ねというものだ」と述べるほどだった。 アップルは前モデルより薄くて軽いiPad2を出しながらも、価格を上げなかった。 「新製品は高い」という通念を破ったのだ。

このためギャラクシータブ(写真)で勝負に出る三星(サムスン)電子の打撃は大きいという見方が多い。 iPad2は三星電子が2月に公開した厚さ10.9ミリの「ギャラクシータブ10.1」より薄い(8.8ミリ)。これに対し、三星電子はギャラクシータブ10.1の厚さを慌てて8.6ミリに減らした。 価格も499ドルと発表した。 しかし力不足という雰囲気だ。

ある証券会社のアナリストは「新型ギャラクシータブの価格戦略ミスで三星電子はしばらく苦戦を免れないだろう」と分析した。 他の証券会社のアナリストも「三星電子がギャラクシータブ8.9と10.1を近く出す予定だが、価格競争力を備えたiPad2の人気のため市場の反応はそれほどよくない」と話した。

従来の7インチギャラクシータブの在庫量も負担だ。 アップルが従来のiPad価格を100ドル下げるため、状況はさらに厳しくなった。 三星電子側は従来のギャラクシータブの在庫量を明らかにしていないが、通信業界は23万台と推定している。 三星電子が国内通信会社に販売した量(50万台)の半分にのぼる。

三星電子は先月、ギャラクシータブ3Gモデルの出庫価格を99万5000ウォンから89万6500ウォンへと10万ウォン引き下げた。

しかし業界関係者は「LG電子がスマートフォンで失敗しながら赤字が膨らんだように、モバイル機器の在庫処理は容易でない。三星電子も厳しいはず」と話した。

三星電子側は「現在タブレットPC市場はアップルが主導し、難しい戦いであることを認める」としながらも、「三星電子はアップルと違って、製造から生産ラインまですべて備えているのでシナジー効果を出せ、競争力がある」と強調した。
【今日のイチオシ記事】
・<福島原発>【社説】休校を許可した京畿教育庁、判断に問題はないのか
・「韓国の競争力、アジア国家1位」…日本は3位
・北朝鮮外務次官、中国で米国務次官補と接触も
・フィソン、「放射能雨」発言後にツイッター脱退…なぜ?
・金滉植首相「独島に軍駐屯、検討の価値ある」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP