주요 기사 바로가기

仁川国際空港、6年連続‘世界最優秀空港賞’に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.08 14:18
0
インド・ニューデリーのキングダムオブハウス劇場に7日午後9時、仁川(インチョン)国際空港の名前が響いた。 世界およそ150カ国から来た空港と航空会社の関係者800人余りが一斉に起立拍手をした。 仁川国際空港が「航空業界のノーベル賞」と呼ばれる世界最優秀空港賞を6年連続で受賞したからだ。

この賞は世界1700余りの空港の協約体である国際空港協議会(ACI)が1993年から授賞している賞で、6年連続は仁川空港が初めて。 賞は各国空港利用客2万5000余人が施設と運営、サービスを基準に選定した。

李采郁(イ・チェウク)仁川国際空港公社社長は「最優秀空港賞を6年連続で受賞し、仁川空港のブランド価値が高まった」とし「新しく空港を建設する国が仁川空港のサービスや運営ノウハウに大きな関心を見せている」と述べた。

仁川空港はその間、各国の空港からラブコールを受けてきた。 今月初めには中国で4番目に規模が大きい海南グループと合弁会社を設立した。 同グループが運営する中国内18空港に対する運営コンサルティングなどを担当するためだ。
【今日のイチオシ記事】
・<福島原発>【社説】休校を許可した京畿教育庁、判断に問題はないのか
・「韓国の競争力、アジア国家1位」…日本は3位
・北朝鮮外務次官、中国で米国務次官補と接触も
・フィソン、「放射能雨」発言後にツイッター脱退…なぜ?
・金滉植首相「独島に軍駐屯、検討の価値ある」
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP