주요 기사 바로가기

日本政府、「放射能、直接韓国へ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.07 08:18
0
福島第1原発から放出された放射性物質は、2日後には済州道(チェジュド)や釜山(プサン)など韓半島南部地方に影響を与えることが明らかになった。日本気象庁が5日、ホームページに公開した放射能拡散予測情報でだ。

これは最近、韓半島一帯で検出されている放射性物質が地球を東側に一回りしてきたり、北極圏を通ってきたという今までの韓国気象庁の説明とは異なる。

日本気象庁は先月の福島第1原発事故後、毎日1、2回ずつ放射性物質の拡散方向や濃度を予測しながらも、これを公開しなかった。

しかし情報非公開に批判が集中すると、枝野幸男官房長官は4日、公開を命令し、資料をホームページに載せた。
【今日のイチオシ記事】
・「チェルノブイリ」と「福島」原発事故への日本の対応の違い
・日本政府、「放射能、直接韓国へ」
・「人間の盾で自国民を虐殺したのは誰?」 日本教科書に米国民が怒り
・北朝鮮の潜水艦に怪しい꺓向
・イ・ナヨン、ペ・ヨンジュン所属事務所と決別
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP