주요 기사 바로가기

会社員の16.5%、放射能汚染懸念し買いだめ経験

ⓒ 中央日報日本語版2011.04.05 10:30
0
会社員の半分以上が放射能汚染に対する不安を感じていることがわかった。

韓国の有名就職ポータルサイトが会社員321人を対象に調査を行った結果によると、85.7%が「最近の内外の情勢に不安を感じる」と答え、その原因(複数回答)として半分を超える54.2%が「放射能汚染」を挙げた。

次いで「国内景気の沈滞」(42.7%)、「南北分断状況」(29.0%)、「解雇への懸念」(25.5%)などに対しても不安感を感じていることが明らかになった。

また、回答者のうち16.5%は「放射能汚染に対する心配から買いだめをしたことがある」と答えた。「日本から輸入される食品・加工品」(60.4%)や「国内の海産物・加工品」(54.7%)を購入したという回答者が多かった。
【今日のイチオシ記事】
・韓国実効支配カード「独島海洋科学基地」に日本が敏感な反応
・【時視各角】龍馬、テレビの中だけで駆け回るのか
・トヨタ・カローラ、‘耐久性と燃費’で韓国ライバル車と勝負
・キム・テヒ、韓国俳優で初めて日本ファッション誌の専属モデルに
・韓・EU間FTA協定文の誤訳207件 通商交渉本部長が謝罪


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP