주요 기사 바로가기

【世説】「エネルギー分野でリードする国が世界を率いる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2011.04.04 14:20
0
海水の流れと波を利用して電気を生産する海洋エネルギーは3つある。波の動きを利用する波力発電、潮の流れを利用して水車を回す潮流発電がある。また干満によって海水が移動するのを利用して電気を生産する潮力発電もある。

波力発電はまだ初歩段階だ。英国は08年、2.25メガワット級の発電施設を世界で初めてポルトガル海岸に設置し、稼働に成功した。韓国は2012年の商用化を目標に済州道(チェジュド)遮帰島(チャグィド)海域に500キロワット級の波力発電の建設を推進している。

潮流発電は流速が速い海の中に設置したタービンを潮流力で回して電気を生産する。環境に及ぼす影響は少ないが、流速が早くなければ電力の生産は難しい。英国のマリーン・カレント・タービンズは1.2メガワットの潮流発電設備を設置するのに成功した。米ヴァーダントパワーも06年から2年間ほどニューヨークのイースト川の水中に潮流発電用タービン6基を設置し、近隣企業に電力を供給した。韓国は08年12月、全羅南道珍島郡(チョンラナムド・チンドグン)に大型潮流タービン2基を設置し、試験稼働している。

潮力発電は満潮時に入った海水を堰にため、干潮時に流し出し、落差を利用して電気を生産する。潮力発電所はフランスが世界で初めて240メガワットのランス潮力発電所を建設し、1967年から稼働している。韓国も潮力発電に技術を集中している。

6月完工予定の始華(シファ)湖潮力発電所は発電用量254メガワットで世界最大規模であり、 加露林湾(カロリムワン)潮力、江華(カンファ)潮力、仁川(インチョン)満潮力が後に続いて認可段階にある。

多くの未来学者は21世紀は海洋の世紀と予測している。潮力エネルギーは電力生産時間が予測可能で、大容量の均質なエネルギーを得られる。また汚染物質の排出がないクリーンエネルギーという長所がある。西海(ソヘ、黄海)の大きな干満差は世界屈指の天恵のエネルギー資源だ。

私たちがもたついている間、先進国は速いペースで基礎技術を獲得している。オバマ米大統領は21世紀はエネルギー分野でリードする国が世界を率いると予想した。優秀なクリーン潮力資源を保有する韓国が留意するべき部分ではないかと思う。

ヨム・ギデ韓国海洋研究院名誉研究委員


【今日のイチオシ記事】
・「管理されていない北の放射能…大災難も」
・ソフトバンクの孫社長が100億円を寄付…日本最高額
・【社説】北朝鮮の物乞い、なぜ険しい道にばかり行くのか
・韓国、個人・企業・政府の金融負債は増加中
・【写真】ソウルモーターショーのﲔ女たち
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP