주요 기사 바로가기

“海兵隊”ヒョンビン、特別扱いなく部隊配置へ

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2011.04.01 10:23
0
1/2
海兵隊に入隊し、訓練を受けているヒョンビン(本名キム・テピョン)。



ヒョンビン(本名キム・テピョン)がコンピューター抽選で部隊に配置される。

海兵隊司令部の関係者は31日、日刊スポーツとの電話で「ヒョンビンが部隊配置と関連し、特権を受けたり、特定勤務地への配置命令を受けることはないだろう」とし「(方式については)詳しく言えないが、ヒョンビンも一般兵と同じようにコンピューター抽選を通して配置が決まる」と伝えた。

最近、一部で提起された「ヒョンビン延坪島(ヨンピョンド)勤務説」「海兵隊司令部報道宣伝兵抜てき説」とは違う。最近、仁川市(インチョンシ)はヒョンビンが延坪島に配置されるように軍に要請する計画を立てたと伝えられた。広報効果を極大化し、延坪島の平和に寄与できるという理由からだ。しかし「ヒョンビンを人間盾に使うのか」と論争を招いた。

また歌手イ・ジョンが過去に海兵隊司令部で募兵広報兵の職務を受けたことを例に挙げながら、「ヒョンビンも司令部で勤務する」という説も提起された。

しかし関係者は「海兵隊はヒョンビンの延坪島配置について議論したことは全くない。もちろんヒョンビンが抽選の結果、延坪島や司令部で勤める可能性はある。しかし仁川市や司令部が希望してヒョンビンの配置が決まる可能性はない」と一蹴した。

ヒョンビンは3月7日、慶尚北道浦項市(キョンサンブクド・ポハンシ)にある海兵教育訓練所に入所した。4月末に部隊配置命令を受けた後、21カ月間服務する。ヒョンビンの所属部隊は訓練所入所5週目(4月2週目)に決定され、その結果はヒョンビンの親にのみ通知される。




【今日のイチオシ記事】
・慶応大訪問研究員「独島=日本の領土、0.1%の根拠もない」
・【時視各角】独島と尖閣、二つ첂“実効支配”(1)
・キム・ヒョンギが日本の番組で“奴隷契約”ギャグ、韓国をおとしめる?
・憲法裁「親日派財産の国家還収は合憲」
・物価上昇に異常事態、3カ月連続で4%台とかつてない急騰
 

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP